from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

【POG 21~22シーズン】指名候補/エピファネイア産駒編

POG2021~22シーズン注目馬、第6弾はエピファネイア産駒です。デアリングタクトにエフフォーリアと、2年連続でクラシックホースを輩出。POGを勝ち抜く上で外せない種牡馬になってきました。母父にディープ&キンカメどちらとも配合OKなのは大きな強みですし、今後さらに勢いを増してきそうです。あ、種牡馬1頭ずつで見ていくのは今回が最後です。

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

 

① キャロル

・母/クッカーニャ

・母の父/フジキセキ

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牡、毛色/黒鹿毛、生/3月4日

・所属/?厩舎

曾祖母ドリームビジョンから広がった一族で、母の伯父には芝ダート問わずに活躍しアメリカで種牡馬となったユートピア、重賞2勝のアロハドリームがいます。現役だとタイセイビジョンも同じ一族ですね。セレクトセールの出身で、柔らかそうな馬体やしっとり質感の皮膚がお気に入りです。注目度は高くありませんが、自分の相馬眼を試してみるのも面白そう。

 

② サトノヘリオス

・母/エアマグダラ

・母の父/サンデーサイレンス

・生産/千歳 社台ファーム

・性/牡、毛色/鹿毛、生/3月22日

・所属/栗東 友道康夫厩舎

半兄にGⅢ函館記念勝ちのエアアンセム、伯父にエアシェイデイ、伯母にエアメサイア、従兄にエアスピネル&エアウィンザーと活躍馬多数の一族です。ゲート試験合格済みで動きの評価も高く、始動が早そうなのも『◎』。昨年指名のサトノペルセウス(未出走)のリベンジをするとしたらこの馬かな。往年の名脇役ホクトヘリオスを想起させる名前にも惹かれます。

 

③ グリーンバローズ

・母/グリーンダンディ

・母の父/Green Desert

・生産/浦河 三嶋牧場

・性/牡、毛色/黒鹿毛、生/2月25日

・所属/栗東 上村洋行厩舎

日本ではあまり馴染みのない母系ですが、愛GⅠ 1000ギニー勝ちの4代母Al Bahathriから世界に広がるファミリーです。海外の血を積極的に取り入れる姿勢が、近年の躍進に繋がっている三嶋牧場。GⅠ制覇を果たす日もそう遠くはないと思います。500kg近い馬体は塊感があって迫力十分。芝でもダートでもいけそうな感じがします。動いてるところを見てみたいな。

 

ソネットフレーズ

・母/ボージェスト

・母の父/キングカメハメハ

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牝、毛色/鹿毛、生/3月24日

・所属/美浦 手塚貴久厩舎

母はクラシック2冠を制したドゥラメンテの全姉で、繁殖としては今年のスプリングSで3着になったボーデンを輩出しました。3番仔となる当馬はボーンシスト歴があるので、まずは無事に競走生活を送れるかどうかが鍵になりそう。ただ、先日入厩を果たしているように、先入観を除けばすこぶる順調です。血統は文句なしで前評判もよし。ハンデ克服、あると思います。

 

⑤ ミント

・母/ビートマッチ

・母の父/ルーラーシップ

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牝、毛色/栗毛、生/2月7日

・所属/栗東 友道康夫厩舎

母は4戦2勝、志半ばで引退しました。最後の一戦はちょうど生観戦していて、きれいな馬だなって思ったのと、秋には大きいところ狙えるかも…って思ったのを覚えています。待望の初仔は、毛色こそ違いますがやっぱりきれいな馬。シンプルな名付けで有名な石川達絵オーナーの持ち馬で、名前も可愛らしくなりました。馬っぷりもよく出て、走りも期待できそう。

 

⑥ ゴールドウィッチ

・母/シャンタルエット

・母の父/メイショウサムソン

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牝、毛色/栗毛、生/2月15日

・所属/栗東 吉岡辰弥厩舎

母はダイナカール一族で、重賞で活躍したファントムライト、ランガディアを兄弟に持ちます。当馬はその初仔にあたり、5代血統内に4本のクロスを持つのが特徴です。三振かホームランか?の両極端なタイプかもしれません。馬名から想像できるとおり、きれいな栗毛の馬で、たてがみも鮮やか。これで走ってきたら人気を集めそうです。体質面に問題がなければ。