from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。

インディチャンプ、その先を見据えて。

インディチャンプの近況報告です。今週が中山記念の1週前追い切りになりますね。

 

2020.02.17 調教タイム

助手 2/16(日)栗坂稍 

56.7- 40.0- 26.5- 13.5 馬なり余力

 

2020.02.19 調教タイム

福永 2/19(水)栗坂良

50.2- 36.5- 24.0- 12.3 馬なり余力

 

2020.02.19 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:19日に坂路コースで追い切り
次走予定:中山3月1日 中山記念(GⅡ)〔福永祐一

音無秀孝調教師「先週の14日に福永祐一騎手にゲート練習を手伝ってもらいましたが、その際にゲートボーイを付けて練習を行いました。最初はかなり過敏に反応していましたが、徐々に慣れて最後の方は安心して駐立することが出来ました。そして今週はレース1週前ですから、19日に坂路でしっかり負荷を掛けてもらいましたが、最後まで余力十分で動きに関して不安なところはありません。週末にも福永祐一騎手に手伝ってもらってゲート練習を行う予定です」

福永祐一騎手「先週ゲートボーイを付けて練習を行いましたが、ここまで気にする馬を見たことがないぐらい、最初は過敏に嫌がっていましたね。でも、段々と時間が経つにつれて慣れてきましたし、継続して練習していけば普通に対応してくれるようになるでしょう。香港でも練習する必要があるでしょうし、それに本番でも同じゲートボーイの方が馬も安心すると思いますので、厩舎サイドにはそれを伝えておきました。19日の追い切りでは、以前なら馬場に入る前に苦しがるところを見せていましたが、すんなりコースに入っていけましたし、グッと加速して最後まで良い手応えで伸びてくれたので、心身ともに成長しているなと実感しました」

 

というわけで、馬なりとは思えない猛時計をマークしています。今週のフェブラリーSに出走するサンライズノヴァとの併せ馬予定が単走になってしまったのは誤算でしょうが、裏を返せばそれだけ調子がいいってことでもあります。これまでの休み明けと比べると、かなり順調なんじゃないかなぁ。

そしてゲートボーイをつけたスタート練習も行っています。これは中山記念というよりもその先の香港を見据えて…って感じです。昨年の香港マイルではゲート前から煩くて、出遅れちゃいましたからね。早い段階から対策を立ててきました。父譲りの気性の激しさが心配ではありますが、学習能力の高い馬ですし克服してくれると信じています。

まずは目の前の中山記念。ここで良い結果を残さないことには香港には招待されません。さらなる飛躍とリベンジへ。インディチャンプの2020年シーズンが始まります🐎💦💦💦

 

シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載許可を得ています。

京都記念 & 共同通信杯・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

京都記念

【回顧】

アメリカズカップの積極的な逃げで前半5F/61.1秒、馬場を考えれば速いと思います。でもスタートから向かい正面までの平坦部分での記録で、登り坂にかかる6F以降はきっちりペースを落としているんですよね。一か八かに見えて、しっかり勝ちにいく競馬だったんだなって思います。消耗の激しい馬場とも相まって、後続勢にとっては仕掛けのタイミングの難しい一戦だったんじゃないかな。GⅡとしては寂しい組み合わせで、レベル自体も微妙なんだろうけど、レースとしての見応えはあったと思います。

勝った○クロノジェネシスは位置取り、仕掛けのタイミングともにバッチリでしたね。抜け出す時の脚も速かったですし、危なげない勝利でした。今年に入ってからちぐはぐな騎乗続きで、前日まで未勝利だった北村友騎手ですが、この日は落ち着いて乗っていました。スランプ脱出のきっかけにしたいところでしょうね。

2着▲カレンブーケドールは前につけると思っていたので、個人的には意外に感じる位置取りでした。でも、どんな競馬でもできる馬ですね。この安定感は大したものです。勝ち馬とは位置取りの差かなって思います。3着◎ステイフーリッシュもバテずに伸びてはいるんですが…こういう馬なんでしょうねぇ。4コーナーでの勢い、手応えから勝つのは厳しそうだなとは思いましたが、もう少し夢見させてほしかったなぁ。

【買い目】

馬連 ⑤⑦①

3連複 ⑤ー⑦①ー⑦①⑧⑥

買い目はALL100円

計800円

【収支】

馬連 ①⑦ 400円 的中 🎯

3連複 ①⑤⑦ 400円 的中 🎯

±0円(累計 ▲12,530円 → 12,530円)

【回収率】

34.4%(19,100円/6,570円)

 

共同通信杯

【回顧】

前半5F/63.2秒と明らかなSペースで、上がり3Fは連続で11秒台。典型的な上がり勝負の一戦になりました。内有利な馬場状況でもありましたし、さすがに後方待機組では苦しく、先行~好位組の決着となりました。

勝った○ダーリントンホールは道中外を回っていたのに、4コーナー手前では内側の進路を確保していました。このあたりはルメール騎手のファインプレーだと思います。前日全く乗れていなかった同騎手ですが、スランプが短いというか修正が早いというか…一流なんでしょうね。併せ馬になったことで、この馬の勝負強さが十二分に発揮されてました。GⅠとなるとまだ物足りなさを感じますが、今後の伸びしろも大きい馬。成長力に期待です。直線の長いコースの方がより力を発揮できるタイプだと思うので、皐月賞よりはダービー向きかな。

2着☆ビターエンダーは、今回に限っていえば逃げたのが正解でしたね。ただ今後を展望する上では、抑える競馬の経験値を増やしておきたかったようにも思います。一戦ごとに力をつけていますし、名前もかっこいい感じだし、個人的には応援したくなる馬。馬体重の増減が激しいので、そのあたりがちょっと心配かな。3着フィリオアレグロはキャリア一戦で今回が休み明け。それを思えばよく走っていると思います。叩き2戦目の次走に注目です。4着◎マイラプソディは『展開が向かなかった』で片付けていいものなのかどうか。血統的に早熟傾向が強いだけに、すぐに巻き返せないようだとちょっと心配です。▲シングンバズーカは併せる相手を間違っちゃったかも。渋く成長していってほしいな。

【買い目】

馬連 ⑧⑥④

3連複 ⑧ー⑥④ー⑥④②③

各100円

計800円

【収支】

的中なし 🏳️

▲800円(累計 ▲12,530円 → 13,330円)

【回収率】

33.0%(19,900円/6,570円)