from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。

凄い追い込み④【ホクトヘリオス】

1990/02/04
東京11R 東京新聞杯 芝1,600㍍
ホクトヘリオス

このテーマでは絶対に外せない1頭、それがホクトヘリオスです。全成績【6-4-8-16】の通り、時すでに遅しというか、あと一歩で悔しい思いをすることが多かった馬です。今度こそ…なんて思うと全くのポカだったり。でも、そのかわり見事に勝ちきった時の鮮やかさ、爽快感はなんとも言えないものがありました。90年の東京新聞杯は、そんなホクトヘリオスの持ち味、個性が最大限に発揮されたレースだったと思います。
逃げ、先行型が多い組み合わせで、中でもダイワダグラスやアドハンスモアは飛ばし気味に逃げてこそのタイプでした。案の定、流れは速くなってホクトヘリオス含む差し、追い込み勢にとっては『おあつらえ向き』の展開でした。そんな流れの中、絶妙なタイミングで抜け出してきたのがリンドホシでした。もう完全な勝ちパターンだったと思います。これで決着がついた、そう思った瞬間、追い込んできたのがホクトヘリオスでした。内にいたはずのホクトヘリオスがにいつの間に外に?…VTRでよく見れば、大きなロスをしながら外に進路を取っているのがわかるのですが、当時は完全に見失っていましたね。
古馬となって、当時若手だった柴田善臣騎手とコンビを組むようになって、人馬ともに初のGⅠ制覇をどこかで達成するのかな、達成してほしいな、なんて思っていましたが、結局叶わぬ夢と終わりました。GⅠに届きそうで届かない、自身の脚質そのまま…それもホクトヘリオスらしかったのかな。でも、一度でいいから同期のマティリアルとの1、2フィニッシュ、見てみたかったなぁ。

転がし作戦vol.5 step7 結果

中山11R AJCC

④ フィエールマン

複勝 1,800円

【結果】

2着・・・的中

【払戻】

110円 × 1,800円 = 1,980円

 

重賞予想は大不振で恥ずかしい限りなのですが、転がし作戦の方はなんとか的中を続けることができました。次回は払戻金1,980円にプラス20円して、2,000円を転がしたいと思います。

 

 

AJCC・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

【回顧】

シャケトラは長期休養明けとは思えないパドックの気配、実戦での行きっぷりで、終わってみれば納得の結果でした。ここまで仕上げてきた陣営、終始積極的な騎乗をした鞍上、それに応えたシャケトラ自身にも敬意を表したいです。一度GⅠの壁に跳ね返されましたが、力はある馬ですし復活となれば今後が楽しみです。

2着フィエールマンは、ちょっと窮屈な競馬になってしまいましたね。鬼脚の源は迫力あるストライドから。のびのび走れなかったのは痛かったですね。それでも間を割って抜け出し、力のあるところは見せたと思います。3着メートルダールは最良のタイミングで仕掛けてあと一歩まで迫りましたが、最後は力負けかな。でも大善戦、衰えがないことは示したと思います。4着ジェネラーレウーノはもう少し強気な先行策で後続に脚を貯めさせない形の方が良かったし、5着サクラアンプルールは後方からの競馬なのに仕掛け遅れ…それぞれに消極的でした。

【買い目】

馬連 ④ー①⑤⑪

3連単 ④①ー④①⑤⑪ー④①⑤⑪

計1,500円  ※買い目はALL100円

【収支】

的中なし

▲1,500円(累計▲24,390円)