from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

【POG 21~22シーズン】指名候補/キズナ、モーリス産駒編

POG2021~22シーズンの注目馬シリーズ。第7弾からは、種牡馬をまとめて紹介していきます。けして時間がないから…ではなく、当初の予定通りです(笑)。

今回は昨年の2歳リーディングで3位のモーリス、4位のキズナの産駒を見ていきます!! 

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

panda100hp.hatenablog.com

⇧過去記事はこちらです。

 

キズナ

① サトノギベオン 

・母/フルボイス

・母の父/ルーラーシップ

・生産/新冠 ハクレイファーム

・性/牡、毛色/青鹿毛、生/2月2日

・所属/美浦 戸田博文厩舎

伯父に種牡馬となったトーセンジョーダントーセンホマレボシ。他にも活躍馬が多数がいる一族です。迫力あるな〜と思ったら500kgを優に超える大型馬でした。青鹿毛なのでなおさら貫禄がありますね。ゲート試験合格済みで、早期デビューに向けて調整中です。動きの評価も高く血統からは芝ダート兼用型、距離はある程度あった方が良さそうな感じかな。

 

② パラレルヴィジョン

・母/アールブリュット

・母の父/マクフィ

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牡、毛色/鹿毛、生/2月4日

・所属/美浦 国枝栄厩舎

叔父にGⅢ中日新聞杯を制したメートルダールがいます。馬体のバランスが良くて、パッと見でいい馬だなって思いました。育成も順調に進んでいてゲート試験も合格済み。早期デビューが見込まれています。厩舎的に初戦から…というタイプではないかもしれませんが、キャリアを重ねながら強くなっていく感じかな。叔父同様に息の長い活躍が期待できそう。 

 

③ シゲルプレミアム

・母/トールディクイント

・母の父/Sea The Stars

・生産/新ひだか 田中裕之牧場

・性/牡、毛色/黒鹿毛、生/4月5日

・所属/栗東 飯田祐史厩舎

無名の母ですが、世界的に有名な父と母父(Dubawi)の組み合わせで、近親にジャパンCなどGⅠ8勝のファルブラヴがいました。スケール感のある配合ですね。セプテンバーセールで破格の2,100万で落札された馬で、肌の質感が好みです。ユニークな名前で知られる馬主さんがまっとうな名前(失礼)を付けてきたのも期待の表れなんじゃないか…と勘繰ってます。

 

④ エヴェリン

・母/ベルカント

・母の父/サクラバクシンオー

・生産/新冠 ノースヒルズ

・性/牝、毛色/鹿毛、生/2月25日

・所属/美浦 和田正一郎厩舎

母はアイビスSD連覇など短距離重賞を5勝。2歳戦から活躍する早熟性に、5歳まで最前線で戦い続けた持続性を兼ね備えた名牝でした。初仔でも馬格は十分で、かといって重苦しさも感じさせません。母譲りのスピードを期待したくなっちゃいます。キズナ × バクシンオーでビアンフェ、× ボストンハーバーでファインルージュが重賞勝ち。血統的にも魅力十分です。

 

 

■モーリス

アバンチュリエ

・母/パンデイア

・母の父/ディープインパクト

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牡、毛色/栗毛、生/1月20日

・所属/美浦 大竹正博厩舎

母の伯父に🇮🇪ダービーなどGⅠ2勝のGrey Swallowがいて、当馬の従姉にはシゲルピンクダイヤ、シゲルピンクルビー姉妹がいます。切れよりも持続力を武器とする種牡馬の方が良さそうな繁殖で、そういう意味では父モーリスはピッタリな気がします。狙い通り、パワー&スピードに優れていそうな馬体に成長しています。完成度も高そうで2歳戦から活躍できそう。

 

② グランプレジー

・母/バウンスシャッセ

・母の父/ゼンノロブロイ

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牡、毛色/栗毛、生/3月11日

・所属/美浦 堀宣行厩舎

重賞勝ち馬3頭を輩出しているリッチダンサーから広がる一族。母はそのうちの1頭でGⅢフラワーCなど重賞3勝を挙げています。キャロットさん所縁の血統ですね。姉よりもさらにひと回り大きい500㎏を超える馬体は数字通りのマッチョ感。パワーがありそうです。この馬も持続力で勝負するタイプになるのかな。きれいな後脚2本ソックスもチャームポイント。

 

③ ソメット

・母/ヴィーヴル

・母の父/ディープインパクト

・生産/新ひだか ケイアイファーム

・性/牝、毛色/鹿毛、生/2月28日

・所属/美浦 尾形和幸厩舎

母は未勝利に終わりましたが、ディープ産駒で半兄にロードカナロアを持つ超良血です。3番仔で、上2頭は現時点で1勝と未勝利。もうそろそろ...を期待したくなります。中型サイズの馬体ですが、まとまりがあって非力な感じはしません。牝馬だし、ちょうどいいくらいかも。育成は順調ですが焦らずにいく方針なのかな。適性は1200~1600㍍くらいのようです。 

 

ジャパンブルー

・母/エレクトラ

・母の父/High Chaparral

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牝、毛色/栗毛、生/2月4日

・所属/?厩舎

母は海外重賞2勝。その父High Chaparralは英愛ダービーBCターフ連覇などGⅠ6勝、21世紀初頭を引っ張った名馬でした。海外競馬にどっぷりハマってた頃なので、思い出深い1頭です。19年当歳セレクトセール出身で、幼いながらも芯のしっかりした感じが好印象だった馬です。ジャパンブルーと言えば日本文化の藍染めを連想しちゃいますが、この馬、栗毛です(笑)。

 

⑤ バンブリッジ

・母/バンゴール

・母の父/キングカメハメハ

・生産/安平 ノーザンファーム

・性/牝、毛色/栃栗毛、生/3月21日

・所属/美浦 尾関知人厩舎

曾祖母ローズバドは重賞2勝、GⅠ2着3回。直線一気の追い込みでターフを沸かせた個性派でした。現役時5勝を挙げた母の初仔で、近親にローズキングダムがいます。バラ一族ですね。当馬の馬名もバラの品種からきてるようで好センス。馬体はいい意味でモーリス産駒らしくない感じがします。切れ味がありそう。案外そういう馬の方が走ったりしないかな。