from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ベルエポック、引退...。

 

先日の中山競馬で復帰を果たしたばかりのベルエポック。先日、不定期の更新があったと思ったら、突然の引退です...。


f:id:PANDA100HP:20210310111135j:image

2021.03.06 最新情報

6日(土)に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。


2021.03.08 所有馬情報

在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄

天栄担当者「先週末に帰場いたしましたが、黒岩調教師より報告を受けていた右前膝のダメージが抜けてこなかったため、こちらでレントゲン検査を行ったところ、右前橈側手根骨の剥離骨折が確認されました。そこで、美浦トレセン診療所と連絡を取り、レースに起因するものと考えられることから、全治6ヶ月の見舞金が支給されることになりました」

黒岩陽一調教師「こちらへ入厩当初から脚元の硬さはあったものの、攻め馬での動きを見るとかなり良かったですし、成長していけばかなり楽しみな存在でした。ただ、負荷を掛けると脚元、特に右前には負担が掛かってしまうようで、今回は骨折という形になってしまいました。大変申し訳ございません。僅か2戦しか競馬場で走れませんでしたが、素質は垣間見えたかなと思いますし、子どもにもその能力を受け継いで欲しいですね」

中央競馬の未勝利戦があるうちでの出走が限りなく困難な状況となったことから、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたします。今後は繁殖牝馬となる予定ですが、詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

 

脚元の不安が常につきまとい、決して順調とは言えなかったベルエポックの現役生活。残念ながら、わずが2戦で突然の終わりを迎えてしまいました。正直なところ、いつこうなってもおかしくはないんだろうな、なんて覚悟を決めてた部分もありました。なので驚きというよりも、悔しさが先に立っています。ただただ、無念です。

レース中の骨折なのかな。痛みもあっただろうに、最後まで立派に完走してくれました。不幸中の幸いは、命にかかわるような重症ではなく、無事に繁殖に上がれること。かつての出資馬フライトストリームのように、ファンド解散後の詳細が不明な馬たち大半を占めるなかで、次のステージが用意されている。その点についてはホッとしています。ダイナアクトレスメジロモントレーエアグルーヴアドマイヤグルーヴ。名牝が連なる血統が評価されたんでしょうね。感謝です。


f:id:PANDA100HP:20210310111151j:image

 

⇧最後の雄姿となってしまいました...。夢の続きはその仔たちに。