from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ベルエポック、東京か?中山か?

ベルエポックの近況報告です。


f:id:PANDA100HP:20210128233527j:image

2021.01.25 調教タイム

助手  1/24(日) 美坂重

57.2- 42.3- 28.0- 14.0 馬なり余力

 

2021.01.28 調教タイム

助手  1/28(木) 美坂良

54.1- 40.0- 26.2- 12.7 馬なり余力

 

2021.01.28 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:28日に坂路コースで時計
次走予定:第1回東京開催、もしくは第2回中山開催

黒岩陽一調教師「北海道からの輸送となりましたので、しっかり心身の疲労を取った後、24日に坂路コースで14-14くらいの時計を単走で出しています。重たい馬場に脚を取られることはありませんでしたが、やはり課題の硬さは以前と同じように感じます。ただ、その後も脚元の状態に問題無かったので、28日にも坂路コースで追い切りを行いました。2本登坂させた内の2本目で時計を出しており、単走で54-40くらいで終えています。少し気負う部分があるのか、急いで走ってしまう傾向がありますね。良く言えば、気持ちが強いと言えるのかもしれませんが、もう少しリラックスして走ってこられるようになると、脚が溜まってもっと終いは伸びてくると思うのですが・・・。硬さは引き続きあるものの、恐らくトモが緩いので前だけの走りになっているのかなと思いますし、それでバランスを崩すことは今のところありませんので、この点は成長を待ちながら上手く付き合っていくしかありませんね。まだ具体的な番組は決めていませんが、このまま順調に進められれば、東京開催の最終週か中山開催での出走になる見込みです」

 

この中間から馬なりながらも時計を出し始めました。一歩前進です。

調教で鍛えなければ仕上がらない、でも強すぎれば故障のリスクも高くなる…なかなか難しいさじ加減ですが、黒岩調教師をはじめとした厩舎スタッフの手腕に期待したいと思います。

ざっくりですが予定も出ましたし、元気になったベルエポックの姿を早く見たいなぁ。どうかトラブルなく順調に進みますように。