from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

インディチャンプ、帰厩しました。

インディチャンプの近況報告です。先週の予告通り、栗東に帰厩しています。


f:id:PANDA100HP:20210204191032j:image

2021.02.01 最新情報

2日(火)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

 

2021.02.03 最新情報

2日(火)に栗東トレセンへ帰厩しています。

 

2021.02.04 調教タイム

助手 2/4(木)栗坂稍

54.3- 39.5- 24.9- 12.0 馬なり余力

 

2021.02.04 所有馬情報

在厩場所:2日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:4日に坂路コースで時計
次走予定:2月28日の阪神阪急杯(GⅢ)〔福永祐一

音無秀孝調教師「放牧に出した後も問題なく進められていましたので、2日の検疫でトレセンに戻しました。3日から乗り運動を開始し、4日に坂路で帰厩後1本目となる時計を出しました。54~55秒ぐらいでサッと上がってくるように指示を出していましたが、終いは12.0秒で楽に駆け上がってきましたし、助手の感触も“凄く良い感じでした”と状態の良さを喜んでいました。体は良い感じにふっくらとして戻ってきましたし、この調子で阪急杯に向けてしっかり仕上げて行きたいと思います。なお、鞍上は主戦の福永祐一騎手で臨みたいと思います」

 

2日に帰厩して3日には乗り運動、4日に帰厩後の初時計ですから、順調といってよさそうです。むしろ今からこんなに状態が良くて大丈夫なの?なんて余計な心配をしちゃうくらいです。この間レベンディスの骨折、ベルエポックの脚部不安と苦しむ出資馬を見てきただけに、ちょっと敏感になってるのかな。無事是名馬の言葉がやけに染みます。

鞍上も引き続き福永騎手に決まりました。先週のシルクロードSを勝ったシヴァージ、今週の東京新聞杯に出走するヴァンドギャルドと、福永騎手をめぐるライバルも多くなってきました。インディチャンプもそろそろ結果を出さなきゃですね。高松宮記念に向けての大事な前哨戦、きっちり決めてほしいな。