from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

インディチャンプ、叩き急上昇

マイルCSでGⅠ2勝目を狙うインディチャンプの近況報告です。

 

2019.10.25 所有馬情報

今後の選択肢を広げる意味で、12月8日に香港のシャティン競馬場で行われる香港マイル(GⅠ)に予備登録させていただきました。

 

2019.10.28 調教タイム

助手 10/27(日)栗坂稍

59.7- 44.5- 30.0- 15.4 馬なり余力

 

2019.10.30 調教タイム

助手 10/30(水)栗坂稍

51.6- 37.8- 24.8- 12.7 馬なり余力
ビックリシタナモー(古オープン)叩一杯を0.3秒追走1.0秒先着


2019.10.31 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:30日に坂路コースで追い切り
次走予定:京都11月17日 マイルチャンピオンシップ(GⅠ)〔福永祐一

音無秀孝調教師「30日に坂路で追い切りました。ビックリシタナモーと併せましたが、追走し、途中から併せに掛かると、一杯に追っている相手に対し、こちらは最後まで楽な手応えであっさり抜き去っていきました。決して相手が走らない訳ではないですし、それだけインディチャンプの動きが良かったということだと思います。毎日王冠を叩いて、ガラッと良くなっていますし、来週はしっかり負荷を掛けて、レース当該週は反応を確かめる程度で十分仕上がりそうですね。香港マイルの招待を正式に受諾しましたが、この秋はマイルチャンピオンシップを獲るのが最大の目標と考えていますので、悔いがないように仕上げていきたいと思います」

 

坂路51秒台の時計はもちろん、馬なりのまま併走馬を突き放した点にも好感が持てます。ひと叩きで確実に良くなってきてますね。音無師のコメントも毎日王冠前とは明らかに違っていて、それだけ確かな手応えを掴んでいるってことなんだと思います。心強い限りです。

先日、マイルCSの登録馬が発表になりました。今年は登録馬全馬出走したとしても、フルゲート割れの17頭立てです。とはいえなかなかの強力メンバーですね。プレミアム・キングリーのダノン2騎がやはり有力なのでしょうが、その他の出走馬たちにもそれぞれに魅力とチャンスがあるように感じます。騎手もかなり豪華で、人馬一体の総合力の勝負でしょうね。負けたくないです。

さらに、香港マイルに登録し、招待を受諾したとの報道もありました。治安面で不安も残る香港ですが、政治とは別次元の話ですし、こうしたイベントがいい方向に進むきっかけになってくれたらいいなって思います。まぁまずは目の前の目標に全力投球してもらって、安田記念マイルCSのタイトルを手土産に参戦してほしいです。

 

シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載許可を得ています。