from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

インディチャンプ、1週前追い切り。

インディチャンプの近況報告です。

f:id:PANDA100HP:20201217203025j:image

2020.12.14 調教タイム

助手 12/13(日)栗坂良

55.6- 40.1- 26.1- 13.2 馬なり余力

 

2020.12.16 調教タイム

福永 12/16(水)栗坂良

51.4- 38.0- 24.4- 12.2 馬なり余力

デルマカトリーナ古馬3勝)馬なりを0.1秒追走1.9秒先着

 

2020.12.17 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:16日に坂路コースで時計
次走予定:12月26日の阪神阪神カップ(GⅡ)〔福永祐一

担当助手「帰厩した後も問題なく、むしろ前回の時よりも馬の雰囲気は良くなっていますね。16日に福永祐一騎手に跨ってもらい、坂路で追い切りましたが、『凄く良くなっているし、上積みが感じられますよ』と良い感触を掴んでもらいました。翌日にトモだけでなく、それ以外の箇所も獣医師に見てもらいましたが、心肺機能はしっかり出来ているし、調子が良いと仰っていましたので、レース1週前としては良い状態に仕上がってきましたよ」

 

うん、順調ですね。頓挫明けだったマイルCSの時でもあれだけのパフォーマンスでした。ひと叩きして確実に上昇カーブを描いているとなれば、期待せずにはいられませんね。

同門、同期のアーモンドアイに続いて、一つ下でしのぎを削ったアドマイヤマーズも引退が発表されました。やっぱりちょっと寂しいな。

と同時に、来年も現役を続けられることに感謝しなきゃだなって思います。引退の選択肢もあるなかで、もっとやれると判断されたわけですから。それに6歳になっての成長力を示すことができれば、種牡馬となった時にも大きなアピールポイントになりそうですしね。その飛躍のための第一歩ともいえる阪神C。う~ん待ちきれないです。