from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ベルエポック、そろそろ…かな?

ベルエポックの近況報告です。先週はバタバタとして更新できませんでしたので、2週分をまとめます。


f:id:PANDA100HP:20210115215930j:image

2021.01.08 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本、残りの日はウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「年末年始はリフレッシュのため軽めの運動に控えていました。少しずつ捌きが硬くなってきたところで休みを与えたので、良い休養期間になったと思いますし、実際に6日の坂路調教では軽快な脚捌きで登坂していましたよ。今後も脚元への負担を考慮した調教メニューで進めていきます」

 

2021.01.15 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13~16秒のキャンター2本、週1回トレッドミルでキャンター、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定

担当者「この中間は週2回の坂路調教を行っており、1日2本登坂させています。その内、週1回はハロン13秒ペースまで脚を伸ばしていますが、動きは悪くありませんね。幾らかまだ息が重たい感じはあるものの、乗り進めていければ自然と解消してくるレベルです。また、脚捌きの硬さもこの馬なりには良いと思いますし、近々移動の声が掛かるでしょう。馬体重は539kgです」

 

坂路13秒台まできましたね。

9/19のデビューから4ヶ月、まさかこんなに長引くとは...思ってもいなかったです。

レベンディスの長期離脱で多少なりとも免疫ができてるつもりでいましたが、そんなことなかったですね。やっぱり我慢するしかないのって嫌だしもどかしいです。

脚元の不安からおそらく連戦は利かないでしょう。叩きながら...というよりは出たとこ勝負のタイプだと思います。それでも、POG本でも取り上げられたりしていたように、能力は秘めているはずですし、ベルエポックならやってくれると思います。

早くお呼びがかからないかな。