from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

モデュロール、活路を求めてダートへ。

函館競馬場に移ったモデュロールの近況報告です。


f:id:PANDA100HP:20210715191756j:image

2021.07.15 所有馬情報

在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースでキャンター
次走予定:7月31日の函館・D1,700m、もしくは8月1日の函館・D1,700m

吉村圭司調教師「帰厩後は左前脚の骨瘤を気にすることなく、Wコースで順調に調教が進められています。牧場では緩めずに乗り込んでもらっていたので、体は出来ていますし、このまま問題なければ再来週には態勢が整いそうです。今のところ、7月31日の函館・D1,700m戦、もしくは8月1日の函館・D1,700m戦に出走させたいと考えているので、今週末にいくらか時計を出して、問題なければ来週から本格的に仕上げに入っていきたいと思います」

 

というわけで、ダートへの挑戦が決定しました。現在連続2桁着順中で、いわゆる2アウト状態。次、2桁着順ならゲームセットの瀬戸際での英断です。吉村師、攻めますねぇ。切羽詰まった状況でも、けして悲観的でないのは救い。最後まで諦めずにいてくれるのは、出資者としてはありがたいです。

血統的にはダートをこなせても良さそう。新たな挑戦で活路を開けのか、答えが出るまでドキドキの2週間です。モデュロールよ、もうそろそろ目覚めておくれ。