from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

今週の放牧組(インディチャンプ&モデュロール)

インディチャンプとモデュロール、放牧組の近況報告です。

 

■インディチャンプ

f:id:PANDA100HP:20210711180024j:image
2021.07.09 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「この中間は先週と同様のメニューで進めているものの、ハロン15秒を切るくらいの時計が自ずと出てしまいます。あまり溜め過ぎるのはストレスが掛かるでしょうから、適度に譲るところは譲ってあげつつ、引き続き無理をしないよう進めていきたいと思います。馬体重は491kgです」

 

引き続き夏休み中のインディチャンプですが、ちょっと気を抜くと時計が速くなっちゃうみたいですね。さすがの身体能力です。オーバーワークにならないように、でも抑えすぎてストレスがたまらないように、絶妙なさじ加減でお願いします。

 

 

 

モデュロール

f:id:PANDA100HP:20210711180315j:image

2021.07.08 最新情報

9日(金)に函館競馬場へ帰厩する予定です。

 

2021.07.09 最新情報

9日(金)に函館競馬場へ帰厩しています。

 

2021.07.09 所有馬情報

在厩場所:9日に函館競馬場へ帰厩
調教内容:
次走予定:第1回函館開催

空港担当者「この中間も坂路中心にしっかりと乗り込んできました。週2回はハロン14秒ペースで進めており、この馬なりに前向きな気持ちで登坂してくれていましたよ。今週に入って吉村調教師から『9日の検疫で函館競馬場へ帰厩させたい』と連絡があり、良い状態で本日送り出すことが出来ました」

吉村圭司調教師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、9日の検疫で函館競馬場に戻しています。デビュー戦から芝を主体に使ってきましたが、トモが嵌るまでどうしても時間が掛かってしまうことから、次走は目先を替えてダート戦に向かいたいと考えています。具体的な番組につきましては、追い切りの動きを確かめながら検討していきたいと思います」

 

決戦の地、函館へ。モデュロールが帰ってきました。次戦はやっぱりダート戦になりそうな感じですね。これまでのレースぶりから、適性がどれほどなのか不明ですが、このまま芝でじり貧になるくらいなら思い切って…そんな判断が働いたんだと思います。新たな可能性への挑戦が上手くいきますように。信じて応援するのみです。