from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ジャパンC & 京阪杯 & カノープスS・展望

ジャパンC

◎ ② アーモンドアイ

〇 ⑥ コントレイル

▲ ① カレンブーケドール

☆ ⑬ ユーキャンスマイル

△ ⑤ デアリングタクト

【買い目】

馬連 ②ー⑥①⑬

3連単 ②ー⑥①⑬ー⑥①⑬⑤

買い目はALL100円

計 1,200円

【展望】

アーモンドアイ vs 3歳馬。夢の3冠馬対決。つゆだくの期待感に、やっぱり競馬はこうじゃなくっちゃって思います。本当に楽しみなんですが、どこか哀愁を感じるのは自分だけかな? アリスの『チャンピオン』の世界観とでもいうか…。

◎アーモンドアイに期待しました。5歳の秋、体つきはよりグラマーさが強調され、母になる準備が整いつつあるのかな。それはつまり競走馬としてのピークを過ぎたことを意味するのかもしれません。

それでもなお、この馬の強さは別格です。前走・天皇賞(秋)は際どい勝負になりましたが、これは追う者と追われる者の差。正攻法の競馬で危なげのない、着差以上の完勝とみていいと思います。

出資馬インディチャンプと同門&同期のスターホースの引退。やっぱり感慨深いです。チャンピオンとして最後まで強いままで…の願望だったり、これまでの感動への感謝の気持ちも含めての◎です。有終の美、飾ってほしいな。

〇コントレイルは、菊花賞で思わぬ苦戦を強いられましたが、重圧を跳ね返して勝ち切った点を評価したいと思います。東京芝2400㍍はベスト条件ですし、直前の調教を見る限り心配された激戦の反動もないと思います。

▲カレンブーケドールは4戦連続2着ともどかしい競馬が続いています。でも、積極的に勝ちに行く姿勢は好印象ですし、なんだかんだで大崩していないのも立派です。

左回りならGⅠ級の評価でいい☆ユーキャンスマイル。前走叩いて型通りの良化を見せていますし、このところ冴えてる岩田康騎手とのコンビも魅力です。

△デアリングタクトは臨戦過程から見ても、活力を残した状態で迎えることができたのは大きいと思います。

 

京阪杯

◎ ⑩ フィアーノロマーノ

〇 ⑬ カレンモエ

▲ ⑪ シヴァージ

☆ ⑥ ビリーバー

△ ⑯ トゥラヴェスーラ

△ ⑤ ロードアクア

△ ③ レッドアンシェル

【買い目】

馬連 ⑩⑬⑪⑥

馬連 ⑩ー⑯⑤③

買い目はALL100円

計 900円

【展望】

550kg級の馬体を誇る◎フィアーノロマーノ。迫力十分のフォーム、パワーで押し切るレーススタイルは【2-2-0-0】の実績が示すとおり阪神コースと好相性です。得意の舞台での復活Vを期待します。

本格化の気配漂う〇カレンモエ。良血馬ゆえの人気先行に、実力が追いついてきたように感じます。斤量54kgなら、重賞でも即通用しそうです。

最後に必ず伸びてくる▲シヴァージは馬場不問で抑えておきたい1頭です。ながれしだいでは思いきって内を突く選択があってもいいのでは。

千直経験がテンからの行き脚に繋がるようなら☆ビリーバーにもチャンスはありそう。それに杉原騎手、好きなんですよねぇ。

 

カノープスS

◎ ⑫ メイショウカズサ

〇 ⑨ ダノンスプレンダー

▲ ③ マイネルユキツバキ

☆ ② ネオブレイブ

△ ④ バーンスター

【買い目】

馬連 ⑫⑨③

馬連 ⑫ー②④

買い目はALL100円

計 500円