from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

北九州記念・展望、回顧

◎ ⑫ スカイパッション
◯ ⑭ アサクサゲンキ
▲ ④ ナインテイルズ
☆ ⑤ アレスバローズ
△ ⑥ セカンドテーブル
△ ⑮ ナガラフラワー
△ ⑨ ラブカンプー

単勝
馬連 ⑫⑭④⑤
馬連 ⑫ー⑥⑮⑨
3連単 ⑫⑭ー⑫⑭④ー⑫⑭④⑤⑥⑮⑨

【展望】
組み合わせ的に先行争いが間違いなく激しくなりますね。とはいえこの頭数で縦長の展開になれば直線一気も難しそう。好位~中団待機組の出番と見ます。
◎スカイパッション…って最低人気なんですね。前半ついていけずに最後方から…もあり得ますが、恵量49kgは前走から6kg減、体感的にかなりの負担減となるはずですし中団後ろあたりにつけられないかな。時計面も含めパフォーマンスアップが期待できると思います。小倉も走りますしね。
◯アサクサゲンキはここ2戦が消化不良な競馬。それだけに今回は中団あたりに位置取ると思います。最後必ず伸びてくるので安心感がありますし、普通に考えたらこっちが◎かも。▲ナインテイルズは逃げ馬を先に行かせて好位からの競馬かな。好枠ですし、前から少し距離を置けば最後の直線の捌きもスムーズにできそうです。コース形態が違うとはいえあまりにも人気がないCBC賞組の3頭と、先行勢で残るとしたら…で軽量のラブカンプーまで。手広くいきたいですね。

【回顧】
勝ったアレスバローズですが、前回は正直展開も味方につけた勝利かなって思ってました。今回もそうした側面があったとは思いますが、それでも重賞連勝は力がなければできません。末脚に磨きがかかって、本格化と見ていいと思います。あとはこの状態を秋まで保てるかどうか、でしょうね。
ダイメイプリンセスは1,200㍍で軽視しすぎました。よくよく考えればこの距離全く問題のない馬。最近の直千での活躍のイメージに引っ張られました。
ラブカンプーは、今日のような競馬ができたのは収穫。あとは、坂のきついコースで踏ん張れるかどうか、でしょうね。
最初の1Fの入りが思いのほか緩やかでしたし、2F以降は時計は速くてもすんなり流れてましたからね。先行争いが激しくなること前提だったので完全な読み負けです。その時点でゲームオーバーでした。完敗です。