from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。

安田記念・展望、回顧

◎ ⑤ ペルシアンナイト
◯ ⑮ サングレーザー
▲ ⑫ ヒーズインラブ
☆ ⑭ リスグラシュー
△ ① スワーヴリチャード
△ ② サトノアレス
△ ③ ダッシングブレイズ

単勝
馬連 ⑤⑮⑫⑭ 馬連BOX
馬連 ⑤ー①②③
3連単 ⑤⑮ー⑤⑮⑫⑭ー⑤⑮⑫⑭①②③

【展望】
ペルシアンナイトはこれまでのパフォーマンスから1600㍍がベストだと思います。復帰後叩き3戦目、しかも余裕あるローテーション。今回は狙いすました一戦じゃないかな。調教も非常にいい動きに見えました。鞍上の川田騎手も、先週のダービーの苦い経験が今回に活きるとみました。
◯サングレーザーは安定感のある末脚を武器に確実にステップアップしてきました。特に昨秋以降の充実ぶりは光るものがありますね。鞍上とセットで勢いがあるのも魅力です。同じ勝負服2頭による決着も十分にあると思います。
▲ヒーズインラブは今回の出走メンバーの中で、調教が一番よく見えました。よって評価も急上昇。何となく陰に隠れていますが、この馬もまた、近走充実してるんですよね。
リスグラシューは詰めが甘い反面、毎回必ず上位に食い込んでくるイメージがあります。混戦になればチャンスはさらに広がりそう。
△スワーヴリチャードは距離がベストとは思えないので、速すぎる時計の決着だと苦しいかも。左回り適性と底力に敬意を表してこの評価に。△は他にサトノアレス、ダッシングブレイズまで。
混戦で目移りしちゃいますが、こういうレースこそ読みが当たって的中したら気持ちいいでしょうね。

【回顧】
勝ったモズアスコットは、ちょっと軽視してました。連闘よりも、「一度ブレーキが掛かると再加速に手間取るイメージ」=「馬込みを捌く競馬は向かない」の方が理由でした。そしたら最後の直線、誰よりもロスなくまっすぐに走ってましたね(笑)。これはもう鞍上の好騎乗でしょう。加速さえついちゃえば能力はGⅠ級の馬、この結果にも驚きません。
アエロリットは前に行ける強みを最大限に活かしましたね。先行したら本当にしぶとい。こういうタイプの馬と戸崎騎手っていうのも相性がいい感じがしますね。
スワーヴリチャードは「差して届かず」の競馬かと思いきや、意外に道中からついていけてましたね。面目は躍如したと思います。ただベストはやっぱり2000㍍前後かなぁ。
ペルシアンナイトは、ちょっと進路がなかったかなぁ。鞍上も2週連続で同じようなミスで…状態がよかっただけに残念でした。
◯サングレーザーは、出て行った分最後の脚が甘くなりましたね。ただ勝ちに行ったってことでしょうし、この経験が次に繋がれば。

前週のダービーとは条件が大きく異なりますが、戸崎・川田・福永など、各騎手の判断、騎乗ぶりはダービーの時と共通する部分が多かったように思います。そのことの良し悪しは別として、そんな風に感じました。