from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。

ヴィクトリアマイル・展望、回顧

◎ ① レッツゴードンキ
◯ ⑯ リスグラシュー
▲ ⑩ アエロリット
☆ ③ ラビットラン
△ ② ミスパンテール
△ ⑦ カワキタエンカ
△ ⑪ アドマイヤリード


単勝
馬連 ①⑯⑩③BOX
馬連 ①ー②⑦⑪
3連単 ①③ー①③⑯⑩ー①③⑯⑩②⑦⑪

レッツゴードンキの最近の走りを見ると、マイルは長いのかもしれないし、高松宮記念がピークだとしたら今回はちょっと厳しいのかもしれない。なんて思いながらも、1番枠の岩田騎手でイン強襲に期待してしまう自分がいます。◯▲は安定勢力で、穴ならラビットランかな。忘れた頃に飛んでくる、そういうタイプじゃないかと密かに期待しています。

【回顧】
勝ったジュールポレールは全くのノーマークでした。去年の3着馬だと終わってから気づいたくらいなので、どう転んでも買えなかったです。幸騎手の好騎乗でしょうね。4コーナー辺りではもう前が邪魔にならないポジションで、最後の直線はまっすぐ走るだけ。そんな乗り方に見えました。もちろん運も味方したんだろうけど、期待に応えた馬も立派です。
2着リスグラシューは惜しい内容。毎回自分の力はきちんと発揮していて頭が下がります。何となくエアスピネルと重なる部分があるかも。
3着レッドアヴァンセは勝ちパターンに見えたけど、結果的には早仕掛けだったのかな。ただ流れもあるしこればっかりはしょうがない。
レッツゴードンキは行きたがってました。高松宮記念千二の後っていうのも影響したかな。でも力は示してくれたと思います。穴に期待したラビットランも同じくかかり気味で力を発揮できず。ただ、いつかは穴を開けると思うので追いかけていきたいですね。