from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ダービー卿CT & コーラルS & 三木ホースランドJS・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

ダービー卿CT

◎ ⑥ レイエンダ  15着

〇 ① スマイルカナ  14着

▲ ⑯ ウインカーネリアン  取消

☆ ⑨ テルツェット  1着

△ ② ボンセルヴィーソ  3着

△ ④ ルフトシュトローム  13着

△ ⑭ アトミックフォース  5着

【買い目】

単複 ⑥

馬連&ワイド ⑥①⑯

馬連&ワイド ⑥ー⑨②④⑭

買い目はALL 100円

計 1,600円

※ウインカーネリアンが取消のため購入金額は1,400円

的中なし🏳️

【展望】

勝った☆テルツェット、2着カテドラルはともに後方待機。3角過ぎから外を回って仕掛けていくと、その勢いのままに前を捕らえての1、2フィニッシュでした。両馬の鞍上はMデムーロ騎手と田辺騎手。直線半ばでタレてもおかしくないところを、タフに追い続けて末脚を持続させたのだからお見事でした。特にMデムーロ騎手は、一時期の不振から脱しつつあるように感じます。ムラがあるの相変わらずだけど、ここ一番の勝負強さが戻ってきたというか。

テルツェットはここまでの3連勝が『巧さ>強さ』な感じだったのに対して、今回は『強さ>巧さ』でした。さすがに即GⅠとはならなくても、引き出しが増えたことは間違いないですし、キャリアの浅さも考えるとこれからが楽しみです。

カテドラルは重賞で連続2着。それでもなお安定感に欠けるイメージは拭えませんが、ハマった時の爆発力が健在なことは十分にアピールできたと思います。

3着ボンセルヴィーソは好枠を活かした巧みなイン突き。勝ちパターンでしたが、流れが向かなかったというか、運がなかったですね。持ち味は発揮できたと思います。

4着マイスタイルは1年ぶりの実戦でこれだけ走れるんだから立派です。7歳ですが衰えもなさそうだし、展開ひとつで今後も侮れないです。

最後にガラリ一変を期待した◎レイエンダですが…なんだか良くない方向への一変になっちゃいましたね。比較的早い段階で、諦めがついてました。復活してほしいけど...厳しいのかなぁ。

 

■コーラルS

◎ ⑯ グレートウォリアー  6着

〇 ⑮ テーオーターゲット  3着

▲ ⑬ レシプロケイト  7着

☆ ⑪ ミッキーワイルド  14着

△ ⑥ サヴィ  4着

【買い目】

馬連 ⑯⑮⑬

馬連 ⑯ー⑪⑥

買い目はALL 100円

計 500円

的中なし🏳️

 

■三木ホースランドJS

◎ ⑤ ケイティクレバー  2着

〇 ③ グローブシアター  1着

▲ ⑦ オールマンリバー  4着

【買い目】

馬連 ⑤ー③⑦

買い目はALL 100円

計 200円

馬連 ③ー⑤  250円 的中🎯

 

【収支】

配当金 250円    収支 ▲1,850円

(累計▲28,770円 →▲30,620 円)

【回収率】

66.3%(投資 90,900円/回収 60,280円)