from1987

一口馬主やPOG、レース予想など競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、一口馬主関連の記事はシルクホースクラブのHPに掲載されている情報であり、転載の許可を得ています。

【一口馬主/ラパンラピッド】いざ、北の大地へ!

美浦に戻っての調整が続くラパンラピッド。今週の更新で次走予定が明らかになりました♪


f:id:PANDA100HP:20240621222027j:image

ラパンラピッド

父/ルーラーシップ

母/クードラパン

母父/ダイワメジャー

性齢/騸4歳

所属/美浦 武井亮厩舎

2024.06.16
助手 美浦坂稍
54.0 - 38.9 - 25.0 - 12.1 末強め

 

2024.06.19
石神深 美浦W重
84.1 - 67.1 - 52.1 - 37.4 - 11.6 位置 [5]  強め
ゴーゴータカシ(新馬)末強めの内0.2秒追走同入

 

2024.06.19
在厩場所:美浦トレセン
武井亮調教師「19日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中は追走する形でしたが、無駄に力むこと無く走れていて、折り合いに問題はありませんでした。動きについても、馬体を使ってしっかり走ることが出来ています。コーナーではいつも通り手前をコロコロ替えてしまっていますが、その点は問題ないと思いますし、直線では鞍上にしっかり追われながらもジリジリと脚を使えており、最後は良い動きが出来ていましたよ。跨ってもらった石神深道騎手は、『3~4コーナーで手前をコロコロ替えてしまってビックリしましたが、直線でスピードが乗ってくると手前は安定しました。直線に入った時の手応えだと楽に併入できると思いましたが、思ったより渋かったので終いはしっかり追いました。最終的には良い動きが出来ていましたが、息はしっかり走ったという感じで、これでもっと良くなってくると思います』と話していました。この感じであれば来週の函館・芝1,800m戦に向かえそうですし、そこに岩田康誠騎手で挑む予定にしており、今週中に函館競馬場へ移動させたいと考えています」

 

坂路にWコースと丹念に乗り込まれてますね。順調です。函館の馬場適性は不明ですが、母も当地で勝ち星を挙げていますし血統的には歓迎なはず。前に行く脚質もコース特性とマッチしてるんじゃないかな♪

鞍上は岩田康誠騎手。出資馬への騎乗はインディチャンプ以来です。ベテランの味で新馬戦以降遠ざかっている勝利へと導いてもらえたら。


f:id:PANDA100HP:20240621222058j:image

飛躍の夏へ、頑張れラパンラピッド!