from1987

一口馬主やPOG、レース予想など競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、一口馬主関連の記事はシルクホースクラブのHPに掲載されている情報であり、転載の許可を得ています。

【一口馬主/ラキエータ、ベイステート、カネラフィーナ、リモニウムの22】一番の動きがあったのは…?

出資馬の中で放牧中の馬は4頭。2頭が北海道、1頭が天栄、1頭がしがらきです。それぞれの場所での調整が続いていましたが、そのうちの1頭に動きがありました。


f:id:PANDA100HP:20240508195200j:image

ラキエータ

父/キンシャサノキセキ

母/ウィルパワー

母の父/キングカメハメハ

性齢/牝5歳

所属/栗東 音無秀孝厩舎

2024.05.10
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間は坂路調教を週に1回行っており、ハロン15秒で2本登坂しています。また、それ以外の日は周回コース2,500mを軽めのキャンターで乗り込んでいます。引き続き良い状態で調教に臨むことができていますし、飼い葉食いも安定して、馬体はふっくらと見せています。今後もこの雰囲気をキープして進めていければと思います。馬体重は450kgです」

 

2024.05.17
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間は坂路調教を週に3回行っており、ハロン14秒~16秒で登坂しています。こちらに帰場してきた当初からそれほど競馬を使ったダメージが無く、ここまで順調に乗り込む事ができています。周回コースなどではいつもチャカつくところのある馬でしたが、今回は落ち着いて過ごせていますし、今後も順調に調整していけそうです。馬体重は449kgです」

 


f:id:PANDA100HP:20240519113758j:image

ベイステート

父/シルバーステート

母の父/Broken Vow

性齢/牡3歳

所属/栗東 清水久詞厩舎

2024.05.10
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「今週は更に負荷を強めて、週3回坂路コースを15-15ペースで登坂しています。ここまでスムーズに立ち上げることが出来ているように、心身ともにコンディションは良いですよ。今のメニューを継続しつつ、動きの質を高めていきたいと思います。馬体重は520kgです」

 

2024.05.17
在厩場所:ノーザンファームしがらき
18日(土)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

 

2024.05.17
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間は週3回坂路コースを15-15ペースで登坂していますが、本数を重ねていくにつれて脚取りが軽快になってきましたよ。レースを経験していく毎に動きがしっかりとしてきましたし、この馬なりに逞しくなってきました。明日の検疫で帰厩することが決まりましたが、心身ともに良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は523kgです」

 

2024.05.18
在厩場所:栗東トレセン
18日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。

 


f:id:PANDA100HP:20240519113928j:image

カネラフィーナ

父/Frankel

母/ジョイカネラ

母の父/Fortify

性齢/牝2歳

所属/美浦 手塚貴久厩舎

2024.05.10
在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「その後はトレッドミルでの軽めのキャンターを行っていたものの、身のこなしに問題は無かったので、現在は周回コースでの軽めのキャンターへとステップアップしています。周回では徐々にペースを上げていますが、脚取りは良好ですし、今後は坂路調教にも移行していければと考えています。馬体重は467kgです」

 

2024.05.17
在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は予定通り坂路コースでの乗り込みへと移行しており、週3回15-15ペースで動かしています。坂路入り後も身のこなしに問題は無く、良い手応えで駆け上がることが出来ています。この感じであれば、更なるペースアップも視野に入れることが出来そうです。馬体重は480kgです」

 


f:id:PANDA100HP:20240519114002j:image

リモニウムの22

父/ブリックスアンドモルタル

母/リモニウム

母の父/ハーツクライ

性齢/牡2歳

所属/美浦 高橋文雅厩舎

2024.05.15
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間は坂路調教を週2回行い、そのうち1回は2本登坂していました。1本目はハロン16秒、2本目はハロン15~16秒で登坂し、残りの1回はハロン16秒で1本登坂していました。それ以外の日は、周回コース2,500mでキャンターを行っていました。以前は捌きの硬さや歩様のかったるさがありましたが、この馬なりに良くなってきました。ただ、もう少し動きに活気が出てきて欲しいところはありますし、バランス面の修正を行いつつ体力面の強化も行っていく必要があるでしょう。気性面では相変わらずブリックスアンドモルタル産駒らしい気難しさが出てきているものの、走っている時は全く問題ないですし、乗り役を選ばないぐらい乗りやすいですよ。なお、先日左前脚に疲れが見られたため、ショックウェーブ治療を行い、その後は軽めのメニューで様子を見ています。徐々に回復してきていますから、様子を見ながら近く乗り運動も再開する予定です」馬体重449kg

 

ラキエータは変わりなく順調です。早くても復帰まであと1ヶ月くらいありますし、焦らずにコンディションを整えてるって感じかな。来春には引退だから、今年が最後の夏。得意の舞台で大暴れできるように調整していただけたら。

 

動きがあったのはベイステートでした。無事に栗東トレセン帰厩しました!

まだ次戦の予定は明らかになっていませんが、

6/1㈯ 東京/芝2000㍍

6/1㈯ 京都/芝1600㍍

6/2㈰ 京都/芝2000㍍ ◯

6/8㈯ 函館/芝1800㍍

6/9㈰ 東京/芝1600㍍

6/9㈰ 京都/芝1800㍍ ◎

6/9㈰ 函館/芝2000㍍ 

⇧このあたりが候補かな。今年の1月デビューでこの次が5戦目。休養を挟みながらも、積極的に走らせてくれる清水久詞厩舎。いいですねぇ。

 

カネラフィーナは頓挫(左肩の負傷)でペースダウンしましたが、幸い大事には至らず。少しずつですがペースも上がってきました。さすがに6月の東京デビューは無理でしょうが、翌月か翌々月には態勢が整いそう。選択肢はいっぱいあるし馬優先で進めてもらえたら。

リモニウムの22は疲れが出たので小休止です。体力面やバランスなど課題は山積みですが、この馬なりに成長してるみたいだし、一個一個クリアしていけばいずれは移動の話も出てくるんじゃないかな。ひと夏越したあたりかな。気長に待ちたいと思います。