from1987

一口馬主やPOG、レース予想など競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、一口馬主関連の記事はシルクホースクラブのHPに掲載されている情報であり、転載の許可を得ています。

【一口馬主/ラパンラピッド】悔しい敗戦

5/12㈰の東京競馬で2勝目を狙ったラパンラピッド。レース後の公式情報です。


f:id:PANDA100HP:20240515221853j:image

ラパンラピッド

父/ルーラーシップ

母/クードラパン

母父/ダイワメジャー

性齢/騸4歳

所属/美浦 武井亮厩舎

 

2024.05.12
5月12日(日) 東京8R
4歳以上1勝クラス  芝1800m
J.モレイラ(58.0kg)4着 1人気
J.モレイラ騎手「道中は良いポジションからリズム良く運ぶことが出来ましたし、直線に向いた際の手応えも悪くなかったです。ただ、追い出してから一瞬速い脚を使ったのですが、それを持続できず、すぐにジリジリとした脚色になってしまいました。直線が長くて坂のある東京だと決め手のある馬にやられてしまいますし、小回りコースの方が持ち味を活かせるのかなと思います」

2024.05.15
在厩場所:ノーザンファーム天栄
14日(火)に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

2024.05.15
在厩場所:ノーザンファーム天栄
武井亮調教師「切れる脚を使えるタイプでは無いと伝えて、ジョッキーは先手を取る競馬も選択肢に入れていたようですが、勝った馬がスッと逃げる形となったことから、無理せず番手からレースを運ぶことになりました。道中はリズム良く走ることが出来ましたし、直線に向いた際の手応えも良く、ペースが速かったので後ろにさえ捕まらなければ勝てるだろうと思って見ていたものの、追い出してからジリジリとしか脚を使えず、前を捉えることも出来なかったですね。斤量の軽い3歳馬と一緒に走る前に勝たせておきたかったのですが、J.モレイラ騎手も話していたように、東京より小回りの競馬場の方がラパンラピッドの持ち味が活きてくるのだと思います。トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元にはこれと言った問題はありませんね。筋肉の張りもほとんどありませんが、その割には歩様が全体的に硬くなっていて、多少の疲れがありそうですから、昨日ノーザンファーム天栄へ放牧に出しています。牧場での回復具合を見ながらにはなりますが、夏の函館開催や福島開催が次走の候補になってくるのかなと考えています」

 

パドックでは絶好の気配。贔屓目なしで一番の状態だったと思います。これなら好勝負できる、そう期待してたんですが…。

道中は前を射程圏に入れながら進んで、直線を向いた時の手応えも抜群でした。なのに追ってから伸びない。前を捕まえるどころか、最後は後ろからも差されての4着でした。う〜ん残念。

コメントの通り小回りコースの方が良いのかな? 東京なら思い切って差し、追い込みの競馬の方が良かったりとか? なんとも悩ましいですね。

ただベイステート、ソワドリヨンと力を発揮できないレースが続いていたことを思えば、今回のモレイラ騎手はソツなく乗ってくれたと思います。それで結果は伴わなかったのは悔しいところですけどね。

次は函館か福島か。個人的には新馬戦を勝っている福島の方が…と思いますがはたして? 続報を待ちたいと思います。

 

f:id:PANDA100HP:20240515221905j:image

まずはしっかりと疲れを癒やしておいで。