from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

エリザベス女王杯&福島記念、その他・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

エリザベス女王杯

◎ ① レイパパレ 6着

〇 ③ アカイトリノムスメ 7着

▲ ② クラヴェル 3着

☆ ⑧ テルツェット 11着

△ ⑩ ムジカ 12着

△ ⑨ ウインマリリン 16着

【買い目】

馬連&ワイド ①③②⑧

3連単 ①③ー①③②⑧ー①③②⑧⑩⑨

買い目はALL 100円

計3,600円

ハズレ🏳

【回顧】

キズナ産駒の1、2フィニッシュでした。

勝ったのはアカイイト。あっと驚く激走でした。後方待機からひと足早いロングスパートは下り坂を利してのものとはいえ、実行に移した幸騎手の決断力は素晴らしかったと思います。もちろんそれに応えた馬も立派で、上がり3Fは最速の35.7秒。脚を余すことなく、きっちり使い切りました。

次走が試金石になるんでしょうけど、充実の4歳秋、その成長力を鑑みると、一世一代の激走というわけでもなさそうです。甘く見すぎないようにしよ。ちなみに血統からはダート適性も感じられるので、芝・ダート兼用のオールラウンダーを目指すのもありかも…なんて思ったりします。

2着はステラリア。自身よりも後方にいた3、4着馬とそん色ない上がりで、最後の脚色ではむしろ勝っていたようにも見えました。エンジンのかかりの遅いタイプなのかな。2~7着までが0.3秒差以内に収まる大接戦で、斤量差も活きた気がします。

3着▲クラヴェルは読み通りのイン突き。上位争いに加わるにはいい選択なんですが、他力本願の要素も多くて、勝ちきるという意味ではなかなか難しい戦法ですね。それにしてもディアデラノビアの一族は走りますねぇ。

◎レイパパレも粘ってはいるんですけどねぇ。大阪杯で強い勝ち方をしちゃったから、必要以上にマークが厳しくなってる印象です。乗り越えてほしいな。

 


■福島

◎ ⑩ アラタ 3着

〇 ⑨ ステイフーリッシュ 4着

▲ ⑦ モズナガレボシ 11着

☆ ② ココロノトウダイ 16着

△ ③ ブラヴァス 14着

【買い目】

馬連&ワイド ⑩⑨⑦②③

買い目はALL 100円

計 2,000円

ハズレ🏳

【回顧】

前半5F/57.3秒の超Hペースとなりました。スタート直後から【11.9-10.8-10.9】と激しい先行争いになって、後続各馬もそれを目の当たりにしていたから、下手に動いたらつぶれてしまう…そんな心理が働いたのかもしれません。そんなこんなで馬群は超縦長。この時点で後方待機組には出番がありませんでしたね。

激流を演出し、かつ逃げ切ってしまったパンサラッサ。母系はバリバリの欧州血統で、タフな流れへの耐性は抜群。そして何より気分よく逃げられたのが大きかったと思います。安定感はなさそうだけど、その分ハマった時は強いイメージです。福島との相性も良さそうなので、来年の七夕賞とか出てきたら買ってみたいです。

2着ヒュミドールは先行勢から離れた集団の先頭にいた馬。結果的にこの位置がべスポジだったんでしょうね。ただそれを事前に把握するのは難しいなぁ。この馬は父がオルフェーヴルで、勝ち馬と同じくタフな流れは大歓迎。そういう競馬だったってことでしょうね。

◎アラタは1番人気の面目を躍如する3着。特殊な流れでも崩れなかったんだから力がありますね。いい経験になったと思いますし、重賞を勝てる馬だと思いました。


■オーロC

◎ ⑥ ホープフルサイン 3着

〇 ⑨ ビッククインバイオ 18着

▲ ⑰ シャインガーネット 2着

☆ ③ プールヴィル 4着

【買い目】

馬連&ワイド ⑥⑨⑰③

買い目はALL 100円

計 1,200円

ワイド ⑥ー⑰ 890円 的中🎯


■室町S

◎ ⑮ カレンロマチェンコ 8着

〇 ⑧ ウルトラマリン 10着

▲ ⑤ ジェネティクス 9着

☆ ⑬ デュアリスト 1着

【買い目】

馬連&ワイド ⑮⑧⑤⑬

買い目はALL 100円

計 1,200円

ハズレ🏳


■福島2歳S

◎ ⑦ カイカノキセキ 5着

〇 ③ ポメランチェ 8着

▲ ⑫ ソリッドグロウ 13着

☆ ⑨ エシェロン 14着

【買い目】

馬連&ワイド ⑦③⑫⑨

買い目はALL 100円

計 1,200円

ハズレ🏳

 

【収支】

配当金 890円 収支 ▲8,310円

(累計▲134,230円→▲142,540円)

【回収率】

65.7%(投資415,400円/回収272,860円)