from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ラキエータ、距離延長でりんどう賞に挑戦!

先週、新馬勝ちを決めたラキエータ。早くも次走予定が発表になりました。


f:id:PANDA100HP:20210926093555j:image
ラキエータ

性齢/牝2歳

所属/栗東 音無秀孝厩舎

父/キンシャサノキセキ

母/ウィルパワー

母の父/キングカメハメハ

 

2021.09.24 最新情報

25日(土)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

 

2021.09.25 最新情報

25日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。

 

2021.09.24 所有馬情報

在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき/25日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:10月9日の阪神・りんどう賞(牝)〔松山弘平

調教主任「こちらに移動後は走ったなりの疲労こそ見られたものの、飼い葉はまずまず食べて体調は問題ありませんでした。週半ばから乗り出していますが、硬さはなく、活気も窺えますし、この調子なら運動量を増やしても問題ないでしょう。輸送で減った体重も回復傾向にありますし、短期間の中でもリフレッシュできたかなと思います。馬体重は403kgです」

音無秀孝調教師「レース後はリフレッシュを図るために、そのまま放牧に出させていただきましたが、先日牧場で状態を確認したところ、元気いっぱいの様子でした。少しでも疲れがあるようなら無理せずじっくり進めてもらうつもりでしたが、今の感じなら間隔を空けずに使っていけると判断し、25日に帰厩させて、10月9日の阪神・りんどう賞へ向かうことにしました。前走の感じなら距離が1ハロン伸びても問題ないと思いますし、そこでも良い結果が得られれば、この先が楽しみになってきますからね。引き続き松山弘平騎手に騎乗依頼しています」

 

不良馬場のレースを小柄な馬体で一生懸命に走ってくれたラキエータ。反動はなくてもちょっと長めの休養になるんだろうなって思ってました。なので放牧から1週間で帰ってくるとはびっくりです。それだけ元気いっぱいってことなのかな。虚弱だったらできない判断ですし、ラキエータの体質の強さを示してるようでもあって嬉しくなります。

次走は10/9(土)りんどう賞(牝馬限定/芝1400㍍)。新馬戦から1Fの距離延長です。今後、どの路線に進むのかを決める重要な一戦になりますね。新馬戦では好位で折り合うセンスの良さを見せてくれましたし、こなせるんじゃないかなぁ。

f:id:PANDA100HP:20210926093631j:image

⇧松山騎手とラキエータ。継続騎乗も心強い材料です。早くも名コンビの予感がします。今度は良馬場で、どこまで切れるのか見てみたいな。