from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

紫苑S & エニフS & 京成杯AH &セントウルS・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

紫苑S

◎ ⑧ メイサウザンアワー 6着

〇 ① スルーセブンシーズ 2着

▲ ⑫ アビッグチア 12着

☆ ③ ミスフィガロ 3着

△ ⑱ プレミアエンブレム 11着

【買い目】

馬連 ⑧①⑫③⑱

3連単 ⑧-①⑫③⑱

買い目はALL 100円

計 1,600円

的中なし🏳

【回顧】

ファインルージュが正攻法の競馬で快勝しました。好位追走から手応え良く抜け出すと、ラスト1Fで一気に突き放して勝負あり。強かったですね。ただ、距離が克服できたかどうか?はまだ半信半疑かも。道中のペースや重圧がより厳しくなった時にどうなのか、次走・秋華賞でもう一度見てみたいです。

〇スルーセブンシーズはやっぱり中山巧者ですね。減速せずに進路を探せる器用さ、スペースを見つけた瞬間の反応の速さ。自身の持ち味を発揮してくれたと思います。

☆ミスフィガロは道中馬群が手薄な位置にいて、その分スムーズに立ち回れたのが良かった。馬体重はもっと増えていいし、これからが楽しみです。

◎メイサウザンアワーは勝負どころ4コーナーの反応がイマイチでした。最後までバテずに伸びてはいるんですけどねぇ。完敗かな。

それにしても①-③のワイドで3,680円もついたんですね。馬連しか買ってない…。馬券の買い方が相変わらず下手っぴです。

 

■エニフS

◎ ⑭ サダムスキャット 5着

〇 ⑯ アイオライト 8着

▲ ⑬ オーロラテソーロ 11着

☆ ② メイショウウズマサ 2着

△ ⑨ サトノラファール 9着

【買い目】

馬連 ⑭⑯⑬②⑨

3連複 ⑭-⑯⑬②⑨

買い目はALL 100円

計 1,600円

的中なし🏳

 

panda100hp.hatenablog.com

 ■京成杯AH

◎ ④ グランデマーレ 11着

〇 ⑫ カレンシュトラウス 12着

▲ ① グレナディアガーズ 3着

☆ ⑪ バスラットレオン 15着

△ ⑯ スマイルカナ 10着

△ ⑦ マルターズディオサ 8着

【買い目】

馬連&ワイド ④⑫①

馬連&ワイド ④-⑪⑯⑦

3連複 ④⑫-④⑫①-④⑫①⑪⑯⑦

買い目はALL 100円

計 2,200円

的中なし🏳

【回顧】

カテドラルが力強い末脚で前を捕らえきりました。けして器用な捌き方ではなかったけど、内から馬場の真ん中に持ち出すと、そこからが強かったですね。一時期不振に陥ったりもしましたが、5歳を迎えてすっかり安定感が増してきました。パドックを見ても、低迷してた頃とは見違えるくらいに良く見えました。充実期の今なら、GIでも楽しみがありそうです。

2着はコントラチェック。気分よく行けた時のこの馬の強さは健在ですね。オーシャンSでお世話になったのに、完全に忘れてました。鞍上の大野騎手は連日メインで馬券内。今週は勝ち星こそありませんでしたが乗れてましたね。

3着▲グレナディアガーズは想定よりも後ろからの競馬。あの位置、進路取りではさすがに届かないです。7Rのボーデンの騎乗もそうでしたが、川田騎手って中山芝1600㍍が苦手なのかな。

◎グランデマーレは内を狙ったものの、抜け出してくるだけの余力がありませんでした。道中で足をためられる流れの方がいいのかな。まだまだこれからの馬、出直してもう一度です。

☆バスラットレオンは後方から。躓いたのもあるけど、さすがにこの競馬は…。ダービーもそうだけど、馬に悪い影響が出ないといいんだけど。立ち直ってほしいな。

 

セントウルS

◎ ⑧ レシステンシア 1着

〇 ⑩ ジャンダルム 4着

▲ ⑮ ピクシーナイト 2着

☆ ⑪ カレンモエ 5着

△ ③ ラウダシオン 13着

【買い目】

馬連 ⑧-⑩⑮③⑪

3連単 ⑧⑩-⑧⑩⑮⑪-⑧⑩⑮⑪③

買い目はALL 100円

計 2,200円

馬連 ⑧-⑮ 590円 的中🎯

【回顧】

番手抜け出しから押し切りを図る◎レシステンシアに、ド迫力のフォームで追いすがる▲ピクシーナイト。最後の直線の攻防は見応えがありましたね。個人的には〇ジャンダルムの追い込みに3連単の命運がかかっていたので、なおさら力が入りました。

レシステンシアは流れに応じてどんな競馬でもできる馬。今回はその選択肢の中で2番手から抜け出す競馬を選択しました。おそらくはこれが一番の安全策。ポジションを確保した時点で、馬券内は堅いなと思って見てました。

スプリント戦で大崩れなく走るなら今回のような競馬。ただGIともなるとそれで勝ち切るのは案外難しそう。馬券内に沈むリスクは高くても、高松宮記念の時のように差すかたちの方が、こと勝ち切るという意味ではいいのかなぁ。いずれにせよベストはやっぱり1400㍍のような気がしてきました。

ピクシーナイトは、1200㍍戦に転向してこれで2戦連続の2着。経験を重ねながら着実に前進しています。スプリンターズSも楽しみです。

ジャンダルムは最後にいい脚を見せてくれました。出遅れたのは痛かったけど、新たな一面が見られたのは収穫です。

 

【収支】

配当金 590円 収支 ▲7,010円

(累計▲93,350円→▲100,360円)

【回収率】

64.0%(投資278,700円/回収178,340円)