from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

京成杯AH & セントウルS・展望

京成杯AH

◎ ④ グランデマーレ

〇 ⑫ カレンシュトラウス

▲ ① グレナディアガーズ

☆ ⑪ バスラットレオン

△ ⑯ スマイルカナ

△ ⑦ マルターズディオサ

【買い目】

馬連&ワイド ④⑫①

馬連&ワイド ④-⑪⑯⑦

3連複 ④⑫-④⑫①-④⑫①⑪⑯⑦

買い目はALL 100円

計 2,200円

【展望】

◎グランデマーレの前走は、内枠&消極的な姿勢がアダとなっての5着。それでも、外に持ち出すロスがありながら際どいところまで差を詰めてきたように、GⅢなら勝ち負けできるレベルまで到達していると思います。今度は開幕週、前走の失敗が活きてくるとみました。

57kgを背負い、2戦連続でマイルを1分32秒台で乗り切っている〇カレンシュトラウス。馬体重の増加が示すとおり、確かな地力強化が感じられます。伏兵級の評価にとどまる今回、自分のタイミングで勝負できそうなのも魅力です。

切れ一歩でも簡単にはバテない▲グレナディアガーズ。勝ち切るイメージには乏しいものの、大崩れしない安定感と総合力で一歩リードです。ただ包まれたら途端に苦しくなる1番枠、出遅れは厳禁かな。

☆バスラットレオン、△スマイルカナ、△マルターズディオサは中山適性の高さに加えて、開幕週で前に行ける強みも後押しになりそう。

 

セントウルS

◎ ⑧ レシステンシア

〇 ⑩ ジャンダルム

▲ ⑮ ピクシーナイト

☆ ⑪ カレンモエ

△ ③ ラウダシオン

【買い目】

馬連 ⑧-⑩⑮③⑪

3連単 ⑧⑩-⑧⑩⑮⑪-⑧⑩⑮⑪③

買い目はALL 100円

計 2,200円

【展望】

◎レシステンシアはスピードの持続力が武器。その持ち味が最大限に活きるのは1400㍍だと思います。1200㍍だと一瞬の爆発力にかける馬に後れを取る可能性もありそうですが、パッと見そういうタイプは見当たりません。そもそも前有利の開幕週の馬場ならそうした死角も少なくなるし、まず大崩れはないと思います。

〇ジャンダルムの前走は稍重の発表以上にタフな馬場で展開が向きませんでした。開幕週の馬場で好位から進めるかたちになれば結果も違ってくるはず。改めて見直したいと思います。

初の1200㍍戦にも悠々と対応してきた▲ピクシーナイト。2度目となる今回は当然前走以上のパフォーマンスを期待したくなります。中京は2戦2勝と好相性なのもポイント高いです。