from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ルシルクの19、順調なスタート!

ちょっと時が経ってしまいましたが、9月1日に1歳馬の月イチの更新がありました。

まずは『ルシルクの20』から見ていきたいと思います。

 


f:id:PANDA100HP:20210902183908j:image

2021.09.01 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらに移動してきて間もないので、腹回り等には水っぽさが残っていますし、まだ脂肪も乗っているものの、体調は良いですね。現在はロンギ場での騎乗馴致を中心に進めていますが、跨るとスイッチが入り、前向きで自ら動いてくれるので、とても調教を進めやすいです。馬体も大きく幅があるので安定感がありますが、その中でも時折見せる俊敏な動きからは素質を感じますね。今後は調教メニューも本格的な乗り運動へ移行して、運動量も増えてきますので、馬体やコンディションはさらに向上してくると思いますし、より具体的なところでは、首を使った柔らかい動きを求めつつ進めていきたいと考えています」馬体重463kg

 

「腹回りに水っぽさが残っている」って表現、初めて聞きました。募集時から緩さを感じる作りをしていたし、おそらくはそのあたりのことを指してるのかな。だとしたら、これからの成長とトレーニングで解消されていく部分だし、心配はいらないかな。

ちなみに募集時の画像を見てみると…

f:id:PANDA100HP:20210905172618j:image

そうはいっても、⇧の時よりは締まって見えますし、皮膚の質感も上がってきてるんじゃないかな。もちろん、贔屓目ですけどね(笑)。

調教のしやすさ、馬体の安定感は、これから鍛えていく上でも重要な要素。本格的な調教が始まって、どんな評価をもらえるのか、来月の更新が楽しみです。