from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ラキエータ、ゲート試験間近!…かな?

栗東・音無厩舎で調整中のラキエータ。今週も黙々とゲート練習に励んでいます。

 

f:id:PANDA100HP:20210722064536j:image
2021.07.21 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習

音無秀孝調教師「その後もゲート練習主体のメニューで進めていますが、先週末から音を聞かせて出すようにしています。インディチャンプの妹ということで、本馬も煩くなってくるのではないかと気構えていましたが、そのようなことは全くなく、進めていく中で気持ちが悪い方に逸れることもなく、とても素直で大人しい馬ですね。今朝もゲートを2度出してみましたが、まずまず反応してくれましたし、この調子なら試験の目途がすぐに立てられそうです。試験に合格後は、そのままデビュー向けて進めていくか、一旦放牧に出してコンディションを整えてもらうか、馬の状態をよく確かめながら検討させていただきます」

 

大人しくて素直。半兄インディチャンプと違って、気性面で悩まされることはなさそうですね。牝馬ですし、神経質なよりはいいかも。

ゲート練習も順調なようで、近いうちに試験合格の報が届きそうです。となると気になるのはやっぱりその先の話。コメントにあるようにそのまま在厩なのか放牧なのか。デビュー時期も変わってきますし、ラキエータにとって一つの分岐点になりそうです。願望は在厩で9月デビューですが、輸送で馬体重も減らしていたし『放牧 ⑦:③ 在厩』かな。

もちろんゲート試験不合格の可能性だってあるし、捕らぬ狸の皮算用にならないことが最優先なんですけどね。ラキエータ、いい知らせを待ってるよ。