from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

中京記念 & 函館記念 & 福島テレビオープン・回顧

panda100hp.hatenablog.com

中京記念

◎ ⑨ ボッケリーニ  6着

〇 ⑩ ディアンドル  8着

▲ ⑧ カテドラル  2着

☆ ③ アンドラステ  1着

【買い目】

単勝

馬連 ⑨ー⑩⑧③

買い目はALL 100円

計 400円

的中なし

【回顧】

アンドラステが待望の重賞初制覇を飾りました。父オルフェーヴルに母父Dynaformer。後半4F【11.6-11.5-11.5-11.7】と流れる展開はピッタリだったんでしょうね。着差以上に余裕のある勝利だったと思います。致命的な不利があった昨秋の京成杯AH(10着)以外、掲示板を外したことがないんですよね。この堅実さには本当、頭が下がります。

2着▲カテドラル、3着クラヴェルとも、決め打ちに近い乗り方でしたね。勝ち馬の内と外から迫った内容は見応えがありましたし、力のあるところを示したと思います。ただ、この日の流れでは、勝ち馬の方が一枚上だったかな。

◎ボッケリーニは勝負どころでついて行けませんでした。最後盛り返してきたあたり、バテたわけではないと思うんだけど...。後に引きづらなければいいな。

 

 

函館記念

◎ ② ハナズレジェンド  10着

〇 ⑬ ワセダインブルー  13着

【買い目】

単勝

馬連&ワイド ②ー⑬

買い目はALL 100円

計 300円

的中なし

【回顧】

戦前、道中のペースはそれほど上がらないだろうと思っていました。それが蓋を開けてみればレッドジェニアル、マイネルファンロンの競り合いで前半5F/58.5秒のHペース。その是非はともかく、全く予想できない流れでした。

トーセンスーリヤは道中離れた3番手。実質レースをコントロールしていたのがこの馬でしたね。前2頭の自滅もあって、直線入口で先頭に立つと、その勢いのままに押し切り勝ち。展開の利も味方につけての3馬身差快勝でした。

2着から10着まではほぼ一団。その中で馬券圏内突入のアイスバブル2着、バイオスパーク3着にはちょっとびっくりしました。◎ハナズレジェンドは10着。アイスバブルのような馬群を捌いてのイン突きを期待したんですが、ちょっと足りなかったですね。またどこかで狙ってみたいな。

 

 

福島テレビオープン

◎ ⑥ インターミッション  12着

〇 ① エレナアヴァンティ  9着

▲ ② レインボーフラッグ  15着

☆ ⑨ シーズンズギフト  4着

△ ⑯ ホープフルサイン  5着

【買い目】

馬連&ワイド ⑥①②

馬連&ワイド ⑥ー⑨⑯

3連複 ⑥①②ー⑥①②ー⑥①②⑨⑯

買い目はALL 100円

計 2,000円

的中なし

 

【収支】

配当金 0円    収支 ▲2,700円

(累計▲80,320円 →▲83,020円)

【回収率】

58.2%(投資 198,400円/回収 115,380円)