from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

レベンディス、1週前追い切り

レベンディスの実戦復帰がいよいよ来週に迫ってきました。今週が1週前追い切りです。

 

f:id:PANDA100HP:20210708211447j:image

2021.07.05 調教タイム

助手 7/4(日)南W稍

73.2- 57.4- 43.4- 12.5[7]馬なり余力

 

2021.07.08 調教タイム

三浦 7/8(木)南W重

65.9- 51.2- 37.8- 12.6[4]一杯に追う

カラヴェッラ(三未勝)強めの内1.7秒追走0.3秒先着

 

2021.07.08 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:8日に南Wコースで時計
次走予定:7月17日の福島・南相馬特別〔三浦皇成

高柳瑞樹調教師「8日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はレベンディスが追走して行き、直線ではしっかりと追って脚を伸ばすと、最後は先着しています。1週前追い切りとなりますし、今日はしっかりと負荷を掛けたいと考えていましたが、全体で65秒台の中、ラスト1ハロンは12.6秒と良い負荷の掛かった追い切りを消化できたと思います。以前からそういった部分はありましたが、追い出しても切れる脚を使うというよりは図太く脚を伸ばしてくる感じで、ラストはしっかりと追われる格好になりましたね。道中ハミに乗っ掛かって走ってしまうところも相変わらずで、もう少し全体的な動きに素軽さが出て来てくれればなという印象はあります。それでも、息遣いの方は段々と上向いてきていますし、来週の追い切りを消化すれば仕上がってくると思います。引き続きスクミを見せることはないので、徐々に飼い葉の量を増やしていますが、首差し辺りは以前よりもスッキリと見せており、ここに来て去勢の効果が目に見える形で出て来たのかなという印象です。来週の南相馬特別の鞍上は、調教を手伝ってもらった皇成(三浦皇成騎手)に依頼しています」

 

というわけで、びっしり追って先着してきました。相変わらず辛口テイストな高柳瑞樹調教師ではあるんですが、その中にも褒めるようなコメントがちらほら見られるようになりました。ここにきての成長を認めてくれているんでしょうね。偉いぞ、レベンディス。

また、鞍上は三浦騎手に決まりました。レース中に骨折した影響もあったんだろうけど、前走はちょっと消極的で残念な競馬。連続騎乗でのリベンジに期待です。