from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ダービー & 目黒記念 & 白百合S & 安土城S・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

 

■ダービー

◎ ⑯ サトノレイナス  5着

〇 ① エフフォーリア  2着

▲ ⑨ ラーゴム  12着

☆ ⑪ ステラヴェローチェ  3着

【買い目】

馬連 ⑯ー①

ワイド ⑯ー①⑨⑪

3連単 ⑯ー①⑨⑪ー①⑨⑪

買い目はALL 100円

計 1,000円

的中なし

【回顧】

ゴール前の攻防は手に汗握りましたね。そこに至るまでの道中の駆け引きも含めて、見応えたっぷりなダービーでした。

 

勝ったシャフリヤール。最後の最後で見事な逆転勝利でした。勝負が決したかに見えてからのラスト100㍍の末脚は見事でした。追う者の強みもあったんだろうけど、混戦のなかでじっと耐え、最後は内に潜り込んでの差し切り勝ち。瞬時の判断が求められる流れのなかで、福永騎手の冷静な手綱さばきが光りました。もちろんそれに応えた馬も立派です。エフフォーリアの陰に隠れてしまいそうな小さな馬体でしたが、大型馬相手の併せ馬でも決して怯まない勝負根性、さらにもうひと伸びする鋭いフットワーク。文句なしの勝利でした。

 

2着〇エフフォーリアにとって、サトノレイナスが前にいる展開は想定になかったと思います。自由度の高い外めを走るライバルに対して、内で身動きが取れない状態。我慢の競馬を強いられました。このあたりは引き出しの多さを試されてる感じもしました。最後の直線で前が開いたのは他力本願、正直ラッキーでした。ただ、その隙を逃さずに抜け出してきたのは実力があればこそ。1番人気の重圧もあって厳しい競馬になりましたが、置かれた環境のなかで人馬とも最善を尽くしたと思います。この馬もまた強かったです。

内が荒れていたのは最後の直線よりも道中の方。だから5着◎サトノレイナスの外枠はむしろ歓迎材料だと思っていたんですが、前に壁が作れないネガ要素もありましたね。あんなに行きたがるとは思ってもみなかったです。中団〜後方から末脚勝負をイメージしていたので、その時点で予想としては破綻していました。ただ、無理に抑えるくらいなら...の判断は、想定外のなかでの最善策。しょうがないです。レイデオロのダービーを思い出しました。最後は脚が上がってしまったけど、強さは見せてくれたと思います。

☆ステラヴェローチェは自分の競馬に徹しての3着。力は出し切ったと思います。ただ、自分でレースを作れないのは弱みかもしれませんね。ひと夏越しての成長に期待です。

 

目黒記念

◎ ⑧ ヒートオンビート  2着

〇 ⑮ ミスマンマミーア  12着

▲ ⑪ グロンディオーズ  4着

☆ ⑬ ディアマンミノル  14着

△ ① ムイトオブリガード  11着

【買い目】

馬連&ワイド&3連複 ⑧ー⑮⑪⑬①

買い目はALL 100円

計 1,400円

的中なし

【回顧】

上がり3Fは【11.1-10.6-11.1】で32.8秒。さすがに後方待機では苦しくて、前々での決着となりました。

勝ったのは2番手につけたウインキートスでした。展開の利に52㎏の斤量も活かしての2馬身差。さすがに鵜呑みにはできなそうだけど、 デビュー時442㎏だった馬体がこの日は468㎏。数字が示す通りにパワーアップもしているから、一概にフロックとも決めつけられないような...次戦が試金石かな。

2着は◎ヒートオンビート。重賞でも力が見劣らないことを示しました。これで11戦連続の掲示板確保。こういう馬、大好きです(笑)。

3着アドマイヤアルバはさすがに買えませんでした。展開とハンデ、なのかなぁ。

 

白百合S

◎ ④ マカオンドール  3着

〇 ⑤ アメイジングタイム  6着

【買い目】

馬連&ワイド ④ー⑤

買い目はALL 100円

計 200円

的中なし

 

安土城S

◎ ⑭ アストラエンブレム  9着

〇 ⑰ シヴァージ  2着

▲ ⑫ ホープフルサイン  6着

☆ ⑥ エントシャイデン  5着

【買い目】

馬連&ワイド&3連複 ⑭⑰⑫⑥

買い目はALL 100円

計 1,600円

的中なし

 

【収支】

配当金 0円    収支 ▲4,200円

(累計▲63,280円 →▲67,480円)

【回収率】

55.8%   投資 152,900円/回収 85,420円)