from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

インディチャンプ&レベンディス&モデュロール、今週の近況報告

今週の出資馬の近況報告です。3頭とも放牧中なので、情報量としてはちょっと少なめですね。ちょっと寂しい。

 

インディチャンプ

f:id:PANDA100HP:20210424230006j:image

2021.04.23 所有馬情報

在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:6月6日の東京・安田記念(GⅠ)

調教主任「その後は右トモ球節に張りが見られることもなく、休まず乗り込めていますよ。この中間も同様のメニューで乗り運動を続けていますが、周回コースでは力むこともなくリラックスして走っていますし、良い雰囲気で調教に取り組めています。5月上旬には帰厩することになっていますので、移動に備えて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は498kgです」

 

まだ油断はならないものの、ひと山越えた感じですかね。このまま安田記念まで順調に進んでほしいな。

昨年は

2/8 帰厩 → 3/1 中山記念出走 → 3/3 放牧 → 3/31 帰厩 → 4/26 マイラーズC出走 → 4/28 放牧 → 5/16 帰厩 → 6/7 安田記念出走。

今年は

2/2 帰厩 → 2/28 阪急杯出走 → 在厩 → 3/28 高松宮記念出走 → 4/1 放牧 → 5月上旬 帰厩(予定) → 6/6 安田記念出走。

今年の方が1ヵ月くらい、しがらき滞在の期間が長くなっています。この間の調整が、ちょっとしたポイントとなりそうな気もしますね。

予想では、昨年よりも早いタイミングでの帰厩になるとみています。レース間隔が開いている分、栗東での追い切り本数を増やしてくるんじゃないかな。インディチャンプのことを熟知している陣営の手腕に注目ですね。

 

 

レベンディス
f:id:PANDA100HP:20210424230152j:image

2021.04.23 所有馬情報

在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「トレッドミルで強めのところを行っていても脚元の状態に良い意味で変わりなかったので、今週から周回コースでの乗り込みを開始しています。まだペース的にはそこまで速くはないものの、少しずつステップアップ出来ているのは何よりですね。馬体重は512㎏です」

 

先週の更新で予告していた通り、この中間からキャンターを始めています。これまでも少しずつ前進はしていたんだけど、コース入りとなると、その実感が一気にわいてきますね。まだごく軽い調整のようだけど、それで問題がなければペースアップしていくでしょうし、早ければ来週あたりには時計を出してるかもしれません。

あくまでも順調にことが運んだとして…の話だけど、夏頃には復帰できるんじゃないかなぁ。もちろん願望も入ってますけどね。希望的観測を持ちながら、気長に待ちたいと思います。

 

 

モデュロール
f:id:PANDA100HP:20210424230457j:image

2021.04.23 所有馬情報

在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

調教主任「この中間は周回コースの距離を延ばすなどして、時間を掛けながら乗り運動を行っています。先週よりも体重が増えてふっくらとしてきましたし、徐々に調子が上向いてきましたよ。今後も馬の状態に合わせながら、徐々に負荷を強めたメニューに切り替えていきたいと思います。馬体重は459kgです」

 

時計こそ出ていませんが、じっくりとキャンターで乗り込まれています。毎回あの手この手と考えながら、調整してくれていますね。本当、感謝です。

残念ながら成績が伴っていませんが、コメントの内容や調教時計などをみると、確実に成長しています。一方で、未勝利戦終了のタイムリミットが迫ってきているのも事実。ギリギリの厳しい状況です。

なんとか浮上のきっかけを掴んでほしいなぁ。