from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

インディチャンプ、安田記念へ。

インディチャンプの次走が決まりました。

f:id:PANDA100HP:20210401175808j:image

2021.03.31 最新情報

4月1日(木)に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。

 

2021.03.31 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン/4月1日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

音無秀孝調教師「3着に敗れてしまったものの、初めてのスプリント戦としては本当によく頑張って走ってくれたと思います。目一杯に走り切ったこともあって、レース後はさすがに疲労が窺えたものの、トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでした。阪急杯高松宮記念に向けてしっかり仕上げてきたこともありますし、ここから香港のチャンピオンズマイル(GⅠ)へ向けて更に状態を維持していくとなると馬にとっても厳しいでしょうから、クラブ・牧場サイドと相談した結果、今回は辞退させていただくことにしました。この後は6月6日の東京・安田記念を目指すことになりますが、これまでの疲労を取るために一旦放牧に出して、コンディションを整えてもらおうと思います」

 

というわけで、安田記念に向かうことになりました。目指せ、隔年制覇です。

現時点でライバルになりそうなのは、昨年覇者のグランアレグリア(リベンジ諦めてません)、シルク同門のサリオス(まだまだ後輩には負けられません)、高松宮記念制覇のダノンスマッシュ(香港後の状態次第?)、同2着のレシステンシア(ヴィクトリアM後の状態次第?)、ドバイ帰りのヴァンドギャルド(穴ならここかな)、斤量&ローテ魅力の3歳勢皐月賞 or NHKマイル組)あたりかな。

うん、今年もハイレベルな争いになりそうな予感。なかでも一番の強敵はやっぱりグランアレグリアかな。昨年は2度も後塵を拝しただけに、今年こそです。

 

f:id:PANDA100HP:20210401175826j:image

鋭気を養って、帰っておいで。