from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

お疲れ、クールキャット。

ちょっと遅くなっちゃいましたが、フラワーCに出走したクールキャットの報告です。


f:id:PANDA100HP:20210324212442j:image

2021.03.22 レース結果

3/20(土)中山11R フラワーカップ(GⅢ)〔芝1,800m・16頭〕5着[7人気]

前走と同じ3枠5番から半馬身ほど遅れたスタートで、急かさずに後方で脚を溜めます。4コーナー過ぎから徐々に進出を開始して上がり3ハロン最速の脚を使い、勝ち馬から0.3秒差の5着で終えています。

奥村武調教師「中間の攻め馬で気配は良かったですし、前走は大味な競馬で惨敗を喫しましたが、今回はそのような事は無いと思っていました。スタートがあまり速くなかったので、典さん(横山典弘騎手)は腹を括って終いに賭ける競馬をしたようですが、直線ではかなり良い脚を使ってくれましたね。ただ、向こう正面でリフレイムが内へモタれてきたので、そこで外へ切り替えなくてはいけませんでしたから、あの不利さえ無ければもっとやれていたでしょう。典さんのコメントは『ゲートの出がゆっくりでしたので、リズムに合わせて後ろから進めました。道中は見た目よりも力みはあったものの、それがレースにおいて大きな影響を与えていたとは言えませんでした。ですから、距離は問題ないと思います。また、大トビの馬なので、外目を回してスムーズな競馬を心掛けていたのですが、道中はリフレイムがモタれ掛かってきたり、そして直線手前ではアテにしていたユーバーレーベンの手応えが早々に悪くなっていましたので、他馬よりも踏み遅れたのは心残りですね。結果的にはもっと早めに外へ持ち出していれば良かったのかもしれません・・・』とのことでした。今日は少し運が無かった部分はあるものの、内容的には決して悪くありませんでしたし、上位との差はそれほど無かったですからね。まずはトレセンへ戻ってからの状態をよく確認させていただき、それから今後のことを検討いたします」

 

2021.03.24 最新情報

25日(木)に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。

 

2021.03.24 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン/25日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

奥村武調教師「トレセンに戻ってよく状態を確認しましたが、脚元にこれといった問題は見られませんでした。ただ、全体的に使ったなりの疲れはありますし、頑張って走ってくれましたから、この後は一旦ノーザンファーム天栄へお戻しさせていただく予定です。牧場での状態を見ながら、今後の方針を検討していきたいと思います」

 

重賞で5着、しかも最後の伸び脚は一番良かったですし、フェアリーSがクールキャットの実力ではないことを示してくれたと思います。

もう少し前で競馬ができていれば…は結果論なんでしょうけど、賞金を加算できなかったのは痛かったなぁ。

とはいえ前走の敗戦で崩れかけたリズムを取り戻せたのは大きいです。クラシックに拘らず、長い目で見れば、実りある一戦だったと思います。レース後の疲れもそれなりのようですし、東京開催あたりで復帰してくれないかな。

いずれにせよ暫しの休養です。お疲れ、クールキャット。