from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

インディチャンプ、上向いてきました!

インディチャンプの近況報告です。今週が高松宮記念の1週前追い切りになります。

 

f:id:PANDA100HP:20210318220322j:image

2021.03.15 調教タイム

助手 3/14(日) 栗坂重

57.3- 42.9- 28.5- 14.3 馬なり余力

 

2021.03.18 調教タイム

助手 3/18(木) 栗坂良

51.1- 37.4- 24.4- 12.4 一杯に追う

アードラー(古オープン)馬なりを0.1秒追走0.8秒先着

 

2021.03.18 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:18日に坂路コースで時計
次走予定:3月28日の中京・高松宮記念(GⅠ)〔福永祐一

音無秀孝調教師「18日に坂路で追い切りました。レース1週前なのでそれなりに負荷を強めて時計を出しましたが、騎乗した助手は『前回よりもトモの踏み込みに力強さが増していますし、阪急杯を使って良くなっていますね。まだ良い頃の状態にはあと一歩足りない感じですが、このひと追いで更に上向いてきそうです』と話していました。一度使って体が引き締まってきましたし、上積みが感じられますよ。この調子で週末と来週の追い切りで更に調子を上向かせたいと思います」

 

先週は暖気運転でしたが、1週前となる今週はさすがにビシッと追ってきましたね。以前ほど稽古で猛時計を出さなくなってきたインディチャンプですが、それでも栗東坂路で51秒台なら十分に速いです。しっかり負荷がかけられて、太め残りだった前走から絞れてくることは間違いないと思います。上積み、期待できそうです。

高松宮記念の出走予定メンバーをみると、前走で先着を許したレシステンシア、昨冬の香港覇者ダノンスマッシュらが人気の中心になりそうな感じ。インディチャンプもその一角を担うかたちになるのかな。傑出馬不在の混戦模様ですので、チャンスは十分にあると思います。

ここ2戦は思うような結果を残せていませんが、それでも大崩れしないところが力のある証拠。本番で見せる強さを今回も期待しちゃってます。