from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

ベルエポック、やっぱり走るね。

ベルエポックの近況報告です。


f:id:PANDA100HP:20210211194222j:image

2021.02.08 調教タイム

助手 2/7(日)美坂良

57.1- 41.7- 27.6- 13.6 馬なり余力

 

2021.02.11 調教タイム

助手 2/11(木)美坂良

53.2- 38.8- 25.1- 12.2 馬なり余力

ナヴィリオ(三未勝)一杯を0.3秒追走0.1秒先着

 

2021.02.11 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:11日に坂路コースで時計
次走予定:第2回中山開催

黒岩陽一調教師「その後も引き続き脚元を考慮して坂路コース中心に進めており、11日にも坂路コースで併せて追い切りを行いました。先週と同様に2本登坂させた内の2本目で時計を出しており、ベルエポックが2馬身弱追走して、最後は半馬身ほど先着して終えています。元々の硬さはあるものの、この馬にしてはスムーズな脚捌きでタイムも悪くないですね。ただ、中身が思ったよりも先週から良化してくれません。特に息遣いの部分ですが、この点はもう少し上向かせないとレースでは直線でバテてしまう可能性が高いです。ですから、動きに関しては申し分ないものの、乗り込み量はもっと増やした方が良いでしょうし、第2回中山開催での出走を本線にしたいと思います。最終的には来週の追い切りで判断しますが、恐らく1週目には仕上がりそうで、脚元の事を考慮してD1,800m戦へ向かう方向で考えています」

 

コメントにもあるように、課題は心肺機能でしょうかね。馬なり調教中心だから、そりゃそうですね。復帰戦をダートと決めたからには、なおさらスタミナ強化は必須です。

ただ、時計を見ても、能力は間違いなくあると思うんですよねぇ。やっぱり走る馬だなって。無理をしてケガしちゃったら元も子もないけど、攻めなきゃ仕上がらない。悩ましいところですが、黒岩厩舎の手腕に期待です。