from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

インディチャンプ、新たな挑戦。

今週末の阪神Cに出走するインディチャンプ。直前の情報です。

 

2020.12.21 出走予定

26日(土)阪神11R

阪神カップ(GⅡ)〔福永祐一

 

2020.12.23 出走予定

26日(土)阪神11R

阪神カップ(GⅡ)〔57 福永祐一

 

2020.12.23 調教タイム

助手 12/23(水)栗坂良

51.5- 37.4- 24.5- 12.6 末一杯追う

ミッキーバディーラ(古馬2勝)馬なりを0.3秒追走0.2秒先着

 

2020.12.24 出走情報

12/26(土)阪神11R

阪神カップ(GⅡ)

〔芝1,400m・16頭〕

57 福永祐一 発走15:45

 

2020.12.24 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:23日に坂路コースで時計
次走予定:12月26日の阪神阪神カップ(GⅡ)〔福永祐一

音無秀孝調教師「先週、福永祐一騎手に跨ってもらってしっかり負荷を掛けているので、23日は反応を確かめる程度に控えています。騎乗した助手は『ひと叩きして良くなるのがインディチャンプの良いところですが、その通りで馬場が深くても脚を取られることなく、最後まで軽快に坂路を駆け上がってくれました。マイルチャンピオンシップの時は久々の分、少し力みが感じられましたが、今回はそのようなこともなく、一度レースを使ったことでガスが抜けてとても良い雰囲気を保っていますし、良い形でレースに臨めそうです』と話していました。マイルチャンピオンシップでは悔いのないようしっかり仕上げましたが、もうひと伸び出来なかったのは久々の分もあったのかなと思いました。一度使って状態が更に上がっているだけに、これまでの相手を考えると、ここでは負けられない気持ちですし、5つ目の重賞タイトルを獲って良い形で来年を迎えたいですね」

 

うん、準備万端あい整いましたって感じですね。頓挫明けのマイルCSから確実に上向いてるようです。元来が叩き良化型なんでしょうねぇ。でもそう考えると、不得手な休み明けだったマイルCSは、本当によく頑張ったんだなって思います。

今回は、来年への布石となる1400㍍戦です。距離短縮を不安視する声もあるようですが、激しさを内包する気性、スプリント仕様になってきた体型などから、むしろ高い適性を示す可能性の方が大きいんじゃないかなぁ。

勝って当然の雰囲気があるなかで、しっかりと勝ち切ること。これって案外難しかったりするんですよね。でも、さらなる高みを目指すなら、そういう重圧を跳ね返す強さも必要です。コメントを読む限り、陣営には油断も驕りも感じられませんし、ここはきっちり決めてくれると思います。