from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

モデュロール、ビシッとね。

モデュロールの近況報告です。

 

2020.12.04 調教タイム

助手 12/4(金)栗坂良

54.0- 39.7- 25.7- 12.8 一杯に追う

ウルクラフト(古馬2勝)馬なりに0.4秒先行クビ先着

 

2020.12.10 調教タイム

団野 12/10(木)CW良

69.7- 53.8- 39.0- 12.3[8]一杯に追う

ウルクラフト(古馬2勝)強めの外0.9秒先行0.4秒先着

 

2020.12.10 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:10日にCWコースで時計
次走予定:12月19日の阪神・芝1,800m〔団野大成〕

吉村圭司調教師「レースが来週に控えているので、10日の追い切りは団野大成騎手に騎乗してもらってしっかり負荷を掛けてもらいました。先行し、最後の直線で古馬2勝クラスの馬と併せたところ、体重の軽いジョッキーが騎乗していたとはいえ、格上馬相手に先着してくれるのですから、それだけ良くなっている証拠だと思います。確かにまだ全体的な幼さは残りますが、新馬戦の頃よりもしっかりしているのは確かですし、この馬なりに成長が感じられますよ。このひと追いで更にピリッとしてくるでしょうから、今の状態を維持しながら更に動きを良くしていきたいと思います」

 

今週が復帰1週前ってことで、ビシッと追ってきましたね。団野騎手も手応え掴んでくれたかな。

時計的には、デビュー前と大きく変わってなくて、正直スパッと切れる感じはしないかな。でも、まだまだこれからの馬ですしね。現状のなかで精一杯走ってくれています。それに、少なくともシンガリ負けしちゃうような動きではないと思うんですよねぇ。贔屓目なのかなぁ。

暮れのインディチャンプ、年明けのレベンディスと出資馬の出走が連続します。その先陣を務めるモデュロール。まずは無事に完走を、そして一つでも上の順位を。楽しみになってきました。