from1987

一口馬主やPOG、レース予想など競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、一口馬主関連の記事はシルクホースクラブのHPに掲載されている情報であり、転載の許可を得ています。

中山金杯&京都金杯・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

■中山11R 中山金杯

【回顧】

◎トリオンフは番手から抜け出す磐石の競馬。最後に詰め寄られたのは、トップハンデ58kgを背負った上で前を潰しにかかる積極策を取ったため。着差ほど危なげはなく、完勝としていいと思います。持ち味は高速ラップでも踏ん張れる持久力。屈腱炎による1年以上の休養を経ながら、かつての強さを取り戻すのは並大抵の努力ではないわけで…関係者の方々、そしてトリオンフ自身に拍手を送りたいです。レース後も無事であってほしいです。

2着のウインイクシードは、好位で流れに乗れていましたし、4コーナーの捌きもスムーズでした。ゴール前の混戦から一歩抜け出せたのは、このわずかな差によるところが大きいと思います。鞍上の隠れた好騎乗だと思います。馬自身も力をつけていますし、重賞でもパワー寄りの馬場ならチャンスはありそうです。3着○テリトーリアルは、やっぱり上がりがある程度かかった方がいいみたいですね。タイミングよく外に出して、併せ馬の形になったのも良かったのかな。接触しても怯まないで伸びてきたように根性もありますね。4着ノーブルマーズはウインイクシードと、5着マイネルハニーはテリトーリアルとそれぞれ進路の取り合いに負けてしまったのが痛かった。ちょっともったいなかったですね。▲クレッシェンドラヴは位置取り的に厳しかったですね。最後は差を詰めていますし、力のあるところは示したと思います。

【買い目】

馬連 ⑦①③⑤

馬連 ⑦ー⑨⑰⑮

3連複 ⑦ー①③ー①③⑤⑨⑰⑮

買い目はALL100円

計1,800円

【収支】

的中なし

▲1,800円(累計 ▲1,800円)

【回収率】

0%(1,800円/0円 )

ワイドだったら当たってましたね😅 ウインイクシードは気にはなったものの、他にも魅力的な馬がいる中で、買い目に入れられなかったです。

 

■京都11R 京都金杯

【回顧】

サウンドキアラは好位から抜け出す正攻法の競馬。前をスッと捕らえると、後続の追撃も逆に突き放すくらいの脚色でしたし、全く危なげがなかったですね。自身よりも体の大きな牡馬たちに囲まれても屈しない勝負根性と追って確かな末脚。バランスの良さに磨きがかかって、完成の域に達して来た感があります。順調ならヴィクトリアマイルでも有力視できると思います。

2着○ダイアトニックは、中団に位置取りながら上がり3F/34.3秒はNo.1。コーナーワークで多少の距離得があったとはいえ、57kgを背負ってのものだから立派です。ベストは1400㍍としても、マイルにも目処が立つ内容だったと思います。3着ボンセルヴィーソはすんなりと流れに乗れたことが良かったんだと思います。人気薄でマークも弱かったし、馬場も味方したんじゃないかな。今回は恵まれた部分も大きいので、次が試金石でしょうね。脚色が目立ったのは5着△ブレステイキング。初のマイル戦で追走に手間取った部分もあったかな。本来は中距離型だと思うので次はどこに向かうのか注目です。▲エメラルファイトは6着。見せ場は十分でしたが及びませんでした。中山か阪神に出てきたら改めて狙ってみたいです。

【買い目】

馬連 ③⑥①⑬

馬連 ③ー⑭⑮⑱

3連複 ③ー⑥①ー⑥①⑬⑭⑮⑱

買い目はALL100円

計1,800円

【収支】

馬連 ③ー⑥ 1,260円 的中 🎯

▲540円(累計 ▲1,800円 → ▲2,340円)

【回収率】

35.0%(3,600円/1,260円 )

1・2・4・5・6着に印をつけて、ほぼ読み通りの結果なんですが…的中は馬連のみで、3連複は外しました😅 トリガミだけど今年の初当たりだし狙いも良かったってことで。次につなげるぞ😁