from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。なお、 一口馬主関連の記事は、シルクホースクラブHP掲載の情報であり、転載の許可を得ています。

カペラS・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

【回顧】

前半3F/32.9秒で後半3F/36.4秒。メンバー的に前半から飛ばしていきそうな雰囲気はあったものの、まさかここまで速くなるとは想像の範疇を越えてました。ただ、勝ち時計【1:09.3】はかなり速いのですが、前日の雨の影響が残って『稍重よりの良馬場』だった可能性もあるのかなって思います。それが超Hペースを後押しし、そのわりに追い込み勢の台頭が少なく、逃げ・先行型が踏ん張れる展開を演出したとも考えられるというか。

勝った○コパノキッキングは楽々と好位を追走して、直線も余力十分に抜け出してきました。ペースが流れたことで縦長の展開になり、思い通りの進路を取れたのもよかったんでしょうね。58kgを背負いながら2馬身以上も差をつけているのだから決定的です。力が違いました。藤田菜七子騎手にとっても嬉しい重賞制覇だったと思います。

2着テーオージーニアスは追い込み勢で唯一上位に食い込んできました。コーナーワークがスムーズならもう少し際どかったかもしれません。この間の充実ぶりは本物ですね。まだ4歳、これからが楽しみです。3着シュウジは中山ダ1200㍍がベストなんでしょうね。この条件の時は割増評価した方がよさそうです。ただ年齢と共に活躍の場が限られてきてるような気もします。4着レッドアネラ、5着▲ゴールドクイーンも健闘しました。どうしても同型との兼ね合いがついて回るので、今後のことを考えるとその辺りの引き出しを増やす必要はありそうです。◎ドリュウは脚質的にどうしても他力本願になってしまいますね。最後に差は詰めてきている、といっても今日は完敗でした。どこかで一発あると思うんだけどなぁ。

【買い目】

馬連 ①⑦④③⑤

3連複 ①⑦④③⑤

買い目はALL100円

計2,000円

【収支】

的中なし 🏳️

▲ 2,000円(累計 ▲162,260円 → ▲ 164,260円)