from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。

京都金杯・展望

◎ ⑫ パクスアメリカーナ

○ ⑧ ヒーズインラブ

▲ ② サラキア

☆ ④ グァンチャーレ

△ ⑥ アドマイヤアルバ

△ ③ カツジ

△ ⑭ ゴールドサーベラス

単勝

馬連 ⑫⑧②④

馬連 ⑫ー⑥③⑭

3連単 ⑫⑧ー⑫⑧②④ー⑫⑧②④⑥③⑭

計4,000円  ※買い目はALL100円

【展望】

開幕週でAコース使用となれば先行有利の見立てでよさそうです。ただハナを切りたい2頭が外枠で、しかも1,600㍍がベストというタイプでもなさそう…というのがことを難解にしていますね。東に負けずこちらも混戦です。

◎パクスアメリカーナの前走は休み明けで万全ではありませんでした。それでいて2着馬に0.7秒、4馬身差は決定的ともいえ、春からの成長を示すには十分過ぎる内容だったと思います。好位抜け出しの正攻法の競馬がとれるのは強みですし、今回のメンバーの中ではマイル適性の高さでも一歩リードしています。年齢、キャリア的にもここを勝って飛躍につなげてほしいです。怖いのは2走ボケかな。

○ヒーズインラブの秋以降3戦は、着順こそ悪いものの最後にひと脚は見せています。着差もわずかですし悲観する内容ではないかな。今回のメンバーなら能力上位の評価でいいと思いますし、そのわりに人気がないので思いきって乗れるのも魅力です。▲サラキアの前走秋華賞は正攻法の競馬で4着、この経験がこの馬を強くしてくれると思います。鍵は距離かな。斤量53kgを活かして前半から無理せずについていきたいですね。☆グァンチャーレは枠順、脚質を踏まえると展開・馬場ともこの馬に味方しそうな感じがします。加えてここにきての充実ぶり、7歳とはいえ侮れません。△アドマイヤアルバは距離そのものはこなせると思います。ただ、久しぶりの距離ではあるのでその分は割引いてこの評価。力はあると思います。ヒーズインラブが来る流れなら△カツジ、△ゴールドサーベラスは抑えておきたいところです。