from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。

アルゼンチン共和国杯・回顧

 

panda100hp.hatenablog.com

【回顧】

ラスト3Fが33.3秒、完全に上がりの競馬でしたね。勝ったパフォーマプロミス、2着のムイトオブリガードともそこまで切れるイメージはなかったのですが、上がり3F/32秒台をマークしてみせました。馬場の良さが後押しした部分もあったとは思うので鵜呑みにはできませんが、それでも今回のメンバーの中ではこの2頭がちょっと抜けてたのかなという感じにはなりますね。特にムイトオブリガードは、年齢的にもキャリア的にも今後が楽しみです。

マコトガラハッドは位置取りの良さと斤量差を活かしての3着。うまく条件がはまった感じなので、次走が試金石でしょうね。ルックトゥワイスはさすがに後ろ過ぎました。脚は使えているので、次走で人気を落とすようなら狙ってみたいです。