from1987

競馬の話題を中心に、自由気ままに綴ります。

ダービー・展望、回顧

◎ ① ダノンプレミアム
◯ ⑧ ブラストワンピース
▲ ⑥ ゴーフォザサミット
☆ ⑰ ワグネリアン
△ ⑤ キタノコマンドール


単勝
馬連 ①⑧⑥
馬連 ①ー⑰⑤
3連単 ①⑧⑥ー①⑧⑥ー①⑧⑥⑰⑤

【展望】
皐月賞とは馬場や展開が異なる公算大、よって皐月賞上位組は軽視します。別路線組、というか変則ローテ組の◎、◯を上位としたものの、ここの甲乙はつけ難い。他の逃げ・先行型が外めよりの中で絶好の1番枠、展開の利が働きそうなのは◎ダノンプレミアムの方かな。より計算が立つタイプというか。◯ブラストワンピースもスケール感では負けていないし、オークス制覇で勢いのあるシルクさんでもう一丁…はあり得る。この2頭の決着だと思うけど、それじゃあ面白くないのでまとめて負かせそうな馬を模索、▲ゴーフォザサミットに白羽の矢を立てました。

【回顧】
◎ダノンプレミアムは後手を踏むまいと間隙を突きましたが、進路が狭く本来のストライドでは走れませんでした。◯ブラストワンピースは後手を踏んででも外へ。ただこの判断、タイミングがアウトでしたね。あまりにもロスが大きかった。どちらもスムーズなら…といったところでしょうが、晴れのダービーでさすがにそれを望むのはちょっと、という気もします。
勝ったワグネリアンは福永騎手の好騎乗でしょう。勝負に徹しきれない印象がありましたが、今回ばかりはダービーにかける執念、勝ちにいく強い意志を感じました。それに応えた馬も立派です。ポジションを取りに行って、ねじ伏せるような競馬ができたのは今後に活きると思います。
エポカドーロは皐月賞馬らしく強い競馬をしたと思います。先行してのしぶとさは一級品ですね。軽視してごめんなさいです。
コズミックフォースは流れにうまく乗れたこともありますが、エポカドーロ、ダノンプレミアム相手に一歩も引かなかったのだから力があると思います。これまた軽視してごめんなさいです。
唯一後方から迫ったエタリオウは今後が楽しみです。勝ち切れないまま善戦マンになる可能性もありそうだけど、確変して秋には主役級になってるかもしれません。
ゴーフォザサミットはスムーズな競馬で追い負けしてましたので、現状ではここまでだったということでしょうね。今後の成長に期待です。
多少の有利、不利はあったにせよ、最後の直線の激しい争いは見応え十分でした。これでこそG1、ダービーだと思います。